儲かる会社のつくり方

ビジネス

儲かる会社のつくり方



著者: 堀江 貴文
タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方
★★★★★★☆☆☆☆


少しずつテレビや新聞に取り上げられる機会が減ってきていますが、それでもまだまだ注目されているライブドアの堀江社長の本です。堀江社長は今まで、注目を集めた時に本を発行しているイメージがあり、執筆に時間をかけている感じがしなかったので今まで読むことを避けていました。しかし、今回はあるキッカケで1冊購入してみました。

◆内容など◆

世間を騒がせている人だけあって(関係ない?)、読み物としては中々面白かったです。堀江社長が起業を志した背景や、起業から現在に至るまでの苦労や喜びが詰まっています。

目次は

1章:会社をつくる
2章:会社を育てる
3章:会社を上場させる
4章:みんなで幸せになる

と、とてもシンプルです。

創業メンバーで失敗した経験や上場で証券会社と揉めたり、必要な書類に忙殺されそうになったり、ストックオプションの旨みについて書かれていたりします。

◆感想になるのかな◆

この本を読んで、少し堀江社長がどのような人物なのか伝わってきました。こういう言い方は極端すぎかもしれませんが、堀江社長は素直、もしくは裏表のない人物なのだと感じました。とにかくなんでもかんでもポロッと言いすぎなのかもって思います。日本人なら腹の中に押し留めておくような意見や野望までポロポロ出ちゃって(苦笑)

会社の成長のためにクールに判断していく思考回路は日本社会から反発を受けるのも仕方ないのかもしれません。僕は堀江社長を応援していますが。

何より面白かったのが、M&Aについて触れている文章にTOBのことが書かれていたことです。友好的TOBについて解説があり、日本では敵対的TOBのイメージの方が強いかもしれないが友好的TOBもある、といった内容が書かれていました。今回、敵対的TOBの知名度を高めたのは他ならぬ堀江社長であることに、失礼ながら笑ってしまいました。

ベンチャーに対して漠然とした憧れを未だに持ち続けているのですが、この本でほんの少しだけイメージを具体的にすることができました。文中にあったのですが、どこで働くにしても「自分が会社を動かしているんだ」と思える職場や、「この会社の上場を、自分は担ったんだ」って言える経験をしてみたいと思いました。

巻末にはライブドアの前身だるオン・ザ・エッヂ時代の上場に必要だった事業計画書や有価証券報告書などが資料として載っているので、これを読むだけでも勉強になります。

今のところ一日一冊の読書&書評を守れているのでちょっと嬉しかったりします。ただ、読書のペースよりも購入のペースの方が早いのが問題ですが・・・。二日前も三冊購入してしまったので、サクサクッと読み終えたいです。

関連記事

リクルート式・一瞬で人事担当者の心をつかむ方法

著者: 細見 昇市 タイトル: リクルート式・一瞬で人事担当者の心をつかむ方法 ★★☆☆☆☆☆☆

記事を読む

転職したいヤツに欲しい人材はいない

転職したいヤツに欲しい人材はいない 梅森 浩一 光文社 2005-04-22 売り上げラン

記事を読む

若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 城 繁幸 光文社 2006-09-

記事を読む

ゴーンテキスト ビジネスの教科書

ゴーンテキスト ビジネスの教科書 カルロス・ゴーン 文藝春秋 2006-12-06 売り上

記事を読む

80対20の法則を覆す ロングテールの法則

80対20の法則を覆す ロングテールの法則 菅谷 義博 東洋経済新報社 2006-02-2

記事を読む

ONとOFF

ONとOFF 出井 伸之 新潮社 2002-04-24 売り上げランキング : 1,032

記事を読む

愚直に実行せよ! 人と組織を動かすリーダー論

愚直に実行せよ! 人と組織を動かすリーダー論 中谷 巌 PHP研究所 2006-04-19

記事を読む

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと マーカス バッキンガム Mar

記事を読む

御社の営業がダメな理由

御社の営業がダメな理由 藤本 篤志 新潮社 2006-05-16 売り上げランキング :

記事を読む

リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと

リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと 林田 正光 あさ出版 2004-12

記事を読む

Comment

  1. Chander★〓 より:

    1 ■今日もなんだか・・
    トラバありがとうございます。
    記者会見してましたね。
    コングロマリット云々言ってましたけど、ツギハギだらけの会社作って満足感とか達成感とかあるのでしょうか?
    疑問です。(・ω・ )モニュ?
    http://chander.jp

  2. きっちん より:

    2 ■Chander★〓さん
    確かにつぎはぎといえば、つぎはぎですね(^-^;
    僕としてはたとえ今がつぎはぎでも、
    最終的に統一感を持って社会に示すことができればOKかなと思います。
    それにしても、この問題長期化すると厄介ですね・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑