ブログ・ビジネス

ビジネス

ブログ・ビジネス



著者: 元木 一朗
タイトル: ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかた
★★★★★★☆☆☆☆


ブログを利用されている皆さんは、その便利さに一度は驚かれたはずです。そして、これを何かに利用できないか考えたことがあるはず・・・。僕はいろいろ考えました。これをサークルで利用できないかなぁとか、仕事で使えるようにならないかなぁや、もっと面白い使い方ないかなぁなどなど。

今日紹介する本はその中でもビジネスツールとしてブログがどこまで利用価値があるのか書かれています。blogWatcherの存在など知らないこともいくつかあって面白かったです。

◆全体的な感想◆

ブログ初心者にピッタリ

前半部分は読んでいて拍子抜けするぐらい、初心者向けの内容です。ブログとはどういうものか、からブログを利用する手続きはどうすればいいのか、などなど。専門的な用語も、上下に吹き出しの形で注釈が入っているので分かりやすいです。ある程度のブログの知識を持っていれば、その後に続くビジネスでのブログ活用方法も理解することは容易です。

具体例がいい

この本は

1.ブログってなに?
2.「閲覧者」としてどこを活かすか
3.プロモーションツールとして活かす
4.スケジュールや在庫の管理ツールとして活かす
5.コミュニケーションツールとして活かす
6.ブログサイトを維持するために

という流れで進むのですが、どの章でも具体的な例が提示されているのがとてもよかったです。例えば、2章ではブログでマーケティング調査に挑戦しています。これは先ほど名前を出したblogWatcherというサイトを利用します。このサイトはブログの中のキーワードを取り上げて、ポジティブな表現なのかネガティブの表現なのか判断したり、頻度を見たりすることが出来ます。本書では「マックグラン」と「匠味」を比較していて、結果の方も曖昧ではなくとてもわかりやすかったです。

◆その他◆

この本は作者自身が実験的にブログを色々活用しています。その中でも一番すごいのがブログで本を書いたことではないでしょうか?編集者と作者はブログで本の制作を進めていきます。どのような内容なのかは本書を手に取って読んでみてください。

関連記事

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力 大串 亜由美 ダイヤモンド社 2007-02

記事を読む

儲かる会社のつくり方

著者: 堀江 貴文 タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 ★★★★★★☆☆☆☆

記事を読む

上手な時間の使い方が身につく法

図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 加藤 幸弘 アスカエフプロダクツ 2003

記事を読む

チームリーダーの教科書

チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる 藤巻 幸夫 インデックスコ

記事を読む

サービスの底力!

サービスの底力!―「顧客満足度日本一」ホンダクリオ新神奈川が実践していること 相澤 賢二

記事を読む

すごい会議

すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる! 大橋 禅太郎 大和書房 2005-05-18 売

記事を読む

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」 村田 裕之 ダイヤモンド社 2006-01-20

記事を読む

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

著者: 山田 真哉 タイトル: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

記事を読む

名前だけのITコンサルなんていらない

名前だけのITコンサルなんていらない 内山 悟志 翔泳社 2004-03-04 売り上げラ

記事を読む

「素頭」で1億円稼ぐ仕事塾

「素頭」で1億円稼ぐ仕事塾―スーパーコンサルタントが明かす小山 政彦ビジネス社 2004-11売り上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑