ブログ・ビジネス

ビジネス

ブログ・ビジネス



著者: 元木 一朗
タイトル: ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかた
★★★★★★☆☆☆☆


ブログを利用されている皆さんは、その便利さに一度は驚かれたはずです。そして、これを何かに利用できないか考えたことがあるはず・・・。僕はいろいろ考えました。これをサークルで利用できないかなぁとか、仕事で使えるようにならないかなぁや、もっと面白い使い方ないかなぁなどなど。

今日紹介する本はその中でもビジネスツールとしてブログがどこまで利用価値があるのか書かれています。blogWatcherの存在など知らないこともいくつかあって面白かったです。

◆全体的な感想◆

ブログ初心者にピッタリ

前半部分は読んでいて拍子抜けするぐらい、初心者向けの内容です。ブログとはどういうものか、からブログを利用する手続きはどうすればいいのか、などなど。専門的な用語も、上下に吹き出しの形で注釈が入っているので分かりやすいです。ある程度のブログの知識を持っていれば、その後に続くビジネスでのブログ活用方法も理解することは容易です。

具体例がいい

この本は

1.ブログってなに?
2.「閲覧者」としてどこを活かすか
3.プロモーションツールとして活かす
4.スケジュールや在庫の管理ツールとして活かす
5.コミュニケーションツールとして活かす
6.ブログサイトを維持するために

という流れで進むのですが、どの章でも具体的な例が提示されているのがとてもよかったです。例えば、2章ではブログでマーケティング調査に挑戦しています。これは先ほど名前を出したblogWatcherというサイトを利用します。このサイトはブログの中のキーワードを取り上げて、ポジティブな表現なのかネガティブの表現なのか判断したり、頻度を見たりすることが出来ます。本書では「マックグラン」と「匠味」を比較していて、結果の方も曖昧ではなくとてもわかりやすかったです。

◆その他◆

この本は作者自身が実験的にブログを色々活用しています。その中でも一番すごいのがブログで本を書いたことではないでしょうか?編集者と作者はブログで本の制作を進めていきます。どのような内容なのかは本書を手に取って読んでみてください。

関連記事

モテるコンサルティング戦略

モテるコンサルティング戦略 織田 隼人 PHP研究所 2006-10 売り上げランキング

記事を読む

愚直に実行せよ! 人と組織を動かすリーダー論

愚直に実行せよ! 人と組織を動かすリーダー論 中谷 巌 PHP研究所 2006-04-19

記事を読む

リクルート式・一瞬で人事担当者の心をつかむ方法

著者: 細見 昇市 タイトル: リクルート式・一瞬で人事担当者の心をつかむ方法 ★★☆☆☆☆☆☆

記事を読む

mixiと第二世代ネット革命

mixiと第二世代ネット革命―無料モデルの新潮流 早稲田大学IT戦略研究所 根来 龍之 東

記事を読む

ひとつ上のアイディア。

ひとつ上のアイディア。 眞木 準 インプレス 2005-11-02 売り上げランキング :

記事を読む

図解・創造的仕事の技術

図解・創造的仕事の技術 忰田 進一 ソフトバンククリエイティブ 2004-08 売り上げラ

記事を読む

アカウンタビリティ(責任を持つ)の重要性 – 『主体的に動く』

主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント伊藤 守 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009

記事を読む

戦略プロフェッショナル

著者: 三枝 匡 タイトル: 戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ ★★★★★★★

記事を読む

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力 大串 亜由美 ダイヤモンド社 2007-02

記事を読む

気づく力

気づく力 畑村 洋太郎 ほか プレジデント社 2005-08-18 売り上げランキング :

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑