時代はブログる!

時代はブログる!



著者: 須田 伸
タイトル: 時代はブログる!
★★★★★★★★☆☆


記念すべき1冊目の書評を張り切って書いていたのですが、サーバーメンテナンスのために全て消えてしまいました。1時間もかけた大作だったのに・・・。気をとりなおしてもう一度書き直します。

1冊目はアメブロということで、アメーバブックスから出版されている須田伸さん(誰も信じてくれない、本当にあった不思議な話。)著の「時代はブログる!」です。

作者のブログを読むと、人気で売り切れみたいですが、僕は発売すぐにアマゾンで「実録鬼嫁日記」と一緒に購入していたので大丈夫でした。

就職活動が忙しいくまとまった時間を取れなかったので、読めていなかったのですが、我慢できず昨日に無理矢理読んでしまいました。

◆全体的な感想◆
まだブログを始めていない方に向けて書かれた本という印象を受けました。書かれている内容も1と2章はブログとはどういうものか、書くことでどんなメリットがあるのかわかりやすく説明されていました。母親→祖父という順番でブログを始めさせようと目論んでいる僕としては、この本はありがたいなと感じました。

3章から本格的に作者のインタビューした内容と併せてブログについて書かれていきます。しかし、ブログについて深く突っ込んだ内容が少なく、ある程度知識を持った人にとっては物足りないかもしれないな、と思いました。
僕自身、この本は今までブログについて思っていたことを再確認や後押ししてくれる分には役立ちましたが、新しい発見・気付きというものは得ることができませんでした。

それでも、作者の実体験に基づいた素直なブログに対する期待が伝わってきて、読んでいると多くのことで共感できました。

文字も大きく、ページ数も少ない方なので早い人なら1時間あれば読み終えることができるのではないでしょうか。ブログに関する本が最近よく出版されていますが、最初に読む1冊として適していると思います。

◆抜粋して感想◆
情報発信することはつながることだ

これは5人のブログサービス関係者にインタビューした時に共通して得られた考えです。この本の中で最も共感した部分です。情報発信そのものはブログ以外のもの、たとえば仕事や日常生活でも同様のことが言えます。その「情報発信」という行動を容易にかつ効果的に行うことを実現させたブログの功績は大きいということです。付け加えると、交流(つながる)という点ではアメブロが最も優れたサービスだと僕は感じています。

日常の中で自分が目立つことを避けている人ほど「俺、実は主役になりたい」願望が大きい(byおちまさとさん)

その通りです!!(笑)これは賛否両論があるかもしれませんが、僕自身がこういう性格です。就職活動のため自分の性格を分析するのですが、その結果出たのが「引っ込み思案の目立ちたがり」でした。この考察に賛成の方は多いのではないでしょうか?

たくさん書くからこそ、ネタが生まれる(by中谷彰宏さん)
出力の機会が多いから、物知りになるんです(by和田秀樹さん)

これもその通りだな、と思った部分です。日記用のブログでちょうどこのことについて触れていたので、なおさらすんなり自分の中に入ってきました。人はアウトプットしないとどんどん記憶が失われていくと何かの本で読みました。そして、書き続けると頭が整理されて新しいアイデアが生まれたり、要素と要素が結びついて新しい発見があるんでしょう。

◆最後に◆
本の中で、渦中の人であるライブドアの堀江社長がインタビューされていました。この時点で、既存のメディアを買収(乗っ取る)計画が頭の中で練られていたようです。ま、これだけのものをするということは3ヶ月前には考えられていないとおかしいんですけどね。堀江社長のインタビューに前後して、既存のメディアとインターネットの今後についていろいろと論議されていて面白かったです。

初めての投稿ということで、少し気合が入りすぎましたがこんな感じで続けていきたいと思います。就職活動のせいもあって、ビジネス関係が多くなると思いますが、それ以外にも小説などの書評もしてバラエティに富んだブログを目指したいと思います。

関連記事

ろじっくぱらだいす

ろじっくぱらだいす ワタナベ ぶんか社 2005-03-14 売り上げランキング : 3,6

記事を読む

ブログ道

ブログ道 久米 信行 NTT出版 2005-12-23 売り上げランキング : 96956

記事を読む

ウェブログの心理学

ウェブログの心理学 山下 清美 川浦 康至 川上 善郎 三浦 麻子 NTT出版 2005-0

記事を読む

Comment

  1. 須田伸 より:

    1 ■書評ありがとうございます!
    こんなに詳しく論じていただき、感謝の気持ちでいっぱいであります。ありがとうございました!ブログの更新、楽しみにしております。
    http://fushigi.ameblo.jp/

  2. きっちん より:

    2 ■須田伸さん
    コメントありがとうございます!!
    有名な方にコメントをいただいたのなんて
    初めてなのですごい嬉しいです(^o^)
    本に書かれていたように、大衆受けを狙うのではなく、
    自分の好みで絞って書いていきたいと思います♪

  3. butuyoku より:

    3 ■トラックバック、ありがとうございました。
     「書評」をされてるんですか。すごいですね。自分は、淡々と「物」を紹介しています(笑)
     「アメーバブックス」って有るんですね。知らなかったです。
    http://butuyoku.ameblo.jp/

  4. tonton より:

    4 ■トラックバックありがとうございました
    「書評」面白く読ませていただきました。いいですねぇ。私も更新期待してます。がんばってください。
    http://duboraya.exblog.jp/

  5. きっちん より:

    5 ■butuyokuさん
    コメントありがとうございます♪
    書評って書くとなんかすごく聞こえちゃいますねw
    そんな大層なものではなくて、感想程度しか書けませんが
    よろしければこれからも見に来てください☆

  6. きっちん より:

    6 ■tontonさん
    コメントありがとうございます☆
    期待されるなんて恥ずかしいですw
    でも、面白い!と言われる書評を
    一つでも多く書きたいなって思います。
    これからもよろしくお願いします(^o^)

  7. tky より:

    7 ■トラックバックありがとうございました。
    著者からのトラバって驚きますよね。
    自分もビックリしました。
    そしてここまで詳しく書評してるの初めてみました。すごいですね。
    自分も最近本狂ったように読んでます。
    http://expert-of-shopping.seesaa.net/

  8. きっちん より:

    8 ■tkyさん
    お互い狂ったように本読んでいっちゃいましょう!!w
    書評すごいと言ってもらえて嬉しいです♪
    まだまだ文章力のない書評なので精進します(^o^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑