イノベーション・マネジメント

ビジネス

イノベーション・マネジメント



著者: 日本LCA
タイトル: イノベーション・マネジメント―個が活きる経営・個を伸ばす経営
★★★★★★★★☆☆


ただいま、この会社の選考を受けています。この本を手に取ったのは、受けるからではなくてイノベーションという言葉に興味があったからです。サブタイトルの「個が活きる経営・個を伸ばす経営」にも惹かれました。

◆内容◆

会社の名前で出している本なので、会社の宣伝になるようなことばかり書かれているのかと思ったのですが、そうではありませんでした。

イノベーションが発揮される職場とはどのような職場なのかを論じた上で、取材企業を取り上げて説明されています。EDコントライブ、小林製薬、タカラ、ブラザー工業など、具体例と共に説明されているのはとても説得力があります。

この本ではイノベーションを発揮する職場にするために、最も重要なのは人事・HR(Human Resource)だという視点から書かれています。切り口が絞られていることで、知識がなくても内容を理解しやすくなっています。

雇用制度が変化して人事の見直しが各企業で行われている中、本当に人事部は必要ないのか、自分の会社に合った人事制度はどれなのかを考えることが大切ということでしょうか。イノベーティブな企業の紹介を読んでいて、社会経験のない僕もそういう会社で働いてみたいと思いました。

最後には日本LCAの手法が紹介されています。それまでが、自社のことに全く触れずにイノベーションと人事について書かれているので、嫌味などころか自然に頭に入ってきました。この本のまとめ、すなわち最も伝えたいこと=日本LCAの手法(と考えました)がとても上手く書かれていると思いました。

◆引用とコメント◆

トップと社員の信頼関係はイノベーション創出のための鍵と言っても過言ではない。信賞必罰ならぬ「信賞必誉制度」があり、徹底的に社員の創造力を発散させるのである。

組織においてイノベーションを発揮するためには必要不可欠な要素だと感じました。トップと社員の信頼関係から始まり、組織全体で信頼関係が生まれる。ここでの信頼関係の構築には、「チャレンジによる失敗を認める(許す)こと」が深く関係していると思います。サークル活動でしか組織を体験していない学生でも感じるということは、会社に入るとさらに実感しそうです。

柔軟に「人と違ったものの見方」ができる人材は、絶対に不可欠である。「人と違ったものの見方しかできない人間」のことではない。それは知的好奇心が旺盛なのではなく、「偏屈」もしくは「あまのじゃく」と表現すべき存在である。

「人と違ったものの見方」をすることを心掛けている、というよりもの癖ようになってしまっている僕としては心掛けておかないといけないポイントだと思いました。あまのじゃくに成り切れていない中途半端なあまのじゃくだから大丈夫かもしれませんが(苦笑)

チャンスを与えられることによって周囲の期待感を実感することができる。周囲または自分でさえも認識していなかった能力を発揮するものである。

人は期待されると限界以上の力を発揮する可能性が高くなる気がします。もちろんそれには個人差があると思いますが、チャンスを目の前にしてやる気の起きない人はダメですよね(^-^;自分自身がチャンスを掴み取る能力を鍛えることが大切ですが、それと共にチャンスを与えられる組織は強いと思います。

「新しいものは多様性の中から生み出される」

この本の中で一番共感した部分かもしれません。自分の考えが肯定されたような感じです(笑)当たり前の考え方なのかもしれませんが、1つの組織で活動しているとどうしても価値観や思考が似てきてしまいます。健全な組織を保つために、適度な新陳代謝が必要なのはその為なんでしょうね。

ビジネス書の感想はやっぱり難しいです(^-^;アマゾンの書評などを参考にすることがあるのですが、上手くまとめる人は本当に簡潔でわかりやすいのでそういう人たちの文章を見て勉強していきます。

[本・読書ランキング] ←よろしければクリックお願いします♪

関連記事

儲かる会社のつくり方

著者: 堀江 貴文 タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 ★★★★★★☆☆☆☆

記事を読む

名前だけのITコンサルなんていらない

名前だけのITコンサルなんていらない 内山 悟志 翔泳社 2004-03-04 売り上げラ

記事を読む

サバイバルプラン

サバイバルプラン―会社を甦らせる経営の手法 奥野 信亮 近代出版社 2004-06 売り上

記事を読む

モテるコンサルティング戦略

モテるコンサルティング戦略 織田 隼人 PHP研究所 2006-10 売り上げランキング

記事を読む

戦略「脳」を鍛える

戦略「脳」を鍛える 御立 尚資 東洋経済新報社 2003-11-14 売り上げランキング

記事を読む

最小の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 泉 正人 ディスカヴァー・トゥエンティ

記事を読む

上場させる「組織と人材」

上場させる「組織と人材」 和納 勉 ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2005-04-

記事を読む

アカウンタビリティ(責任を持つ)の重要性 – 『主体的に動く』

主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント伊藤 守 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009

記事を読む

デッドライン仕事術

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95) 吉越 浩一郎 祥伝社 2007-12-15 売り

記事を読む

採用の超プロが教える伸ばす社長つぶす社長

採用の超プロが教える伸ばす社長つぶす社長 安田 佳生 サンマーク出版 2004-10 売り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑