スロー・イズ・ビューティフル

スロー・イズ・ビューティフル


スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化
辻 信一

平凡社 2001-09
売り上げランキング : 73,257
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★★★★★★☆

 


 

この本は読みたくて読みたくて仕方なかったのに、1年以上読んでいなかった本です。きっかけは、大学の先輩でした。正確には先輩の立ち上げたサークルです。この本や、セヴァン・スズキさんの講演の影響を受けて環境系のサークルを立ち上げたのです。

設立当初は所属していたのですが、ミーティングの日時があわせられず自然と遠のいてしまいました・・・。そのサークルでみんなが回し読みしていた本がこの本です。めちゃくちゃ読みたかったんですが、借りるのは何だか嫌でBOOK OFF(お決まり!)に出るのを待っていたのです。

◆理想はどこに?一人一人ができることって?◆

この本は僕の今までの価値観の振れ幅を大きくしてくれました。
それがいいことなのか、悪いことなのかと言われると僕にとっては100%いいことです。
様々な価値観を知り、そこから新しい自分を作り出すのが目標なので。

この本からは多くの気付きや発見がありました。
正しいか、正しくないか、表か裏かといったようにキレイに分けることのできるものではないです。

しかし、このような考え方をしている人たちがいることを知ることは非常に重要だと思います。

すいません、全然本の詳しい内容に触れていないですね(>_<)
簡潔にまとめるとするなら、タイトルどおり「スロー~○○」な生活の提案をしている本です。
ん?簡潔すぎて全然上手く伝えられてないぞ・・・。

スローライフ、スローフード、スロービジネス、スローラブ、スローデザイン、etc…

作者も書いているように、こういった考え方は決して新しくはなく昔の生活に戻ろうとした時に、
再びスポットライトを浴びただけ、古いことの蒸し返しにすぎないのかもしれません。
でも個人的には、それでいて上手く新しさとも融合しているようにも感じました。
そもそも、ここまで来た社会があるからこそ、こういった考え方が出てくるわけで
単純に「昔の話再び」とはいかなくて当然のはずです。

川中紀行さんの日本のコトバで「スロー~○○」について言及されています。
とても考えさせられました。1~4まであります。勉強になります。
日本のコトバ:「スロー」という無責任(1)。

僕は「スロー」が決して「ファスト」に対して対立するものとして位置してほしくありません。

今の日本では、「スロー」な生活は未だに変わり者や行き過ぎれば偽善者といった目で見られている気がします。誰でも否定されることは辛いからです。「スロー」が「ファスト」を否定しているような形が続く限り、多くの人に受け入れられるのは難しいと思います。

例えば、電気を使わない「非電化製品」は先進国でも売れると思います。もちろん本に書かれているような共同生産・購入の方法もありです。ただもっともっとシンプルに売れるんじゃないかなぁと。
「持っているとちょっとかっこいい」といった軽い、敷居の低いところに持ってくると逆に若者を中心として売れていくと思います。

かなり今日のは気合の入った投稿になってしまってますね(^-^;
まだまだ書きたいのですが・・・どうしよう・・・。

一応続きは下書きで置いておいて、リクエストがあるようでしたらアップしますねw
というより、これでこの本の内容・魅力が伝わったのかが不安です(苦笑)

[本・読書ランキング] ←よろしければクリックお願いします♪



~余談~

この本と直接関係してくるかはわかりませんが、僕の経験でこの本を読んでいてハッキリと思い出した出来事があったので、書いてみます。

去年の春、3月でした。僕はサークルの会長と共にフィリピンに1週間滞在し、ストリートチルドレンの保護施設にお世話になっていました(カンルンガン・サ・エルマという名前です)。

僕はデジカメを彼はデジカム(デジタルビデオカメラ)を手に持ち撮影をしていました。子供たちは興味津々です。僕はひとりの少年にほぼ一日中デジカメを貸してあげていました。彼が撮る写真には、僕らには見せないもっともっと無邪気な子供たちだけの世界がありました。そのことに対して僕は純粋に満足していました。

しかし、彼(会長)はデジカムを決して子供に渡そうとしません。子供たちに「所有する」意味を教えようとしているかのような行為でした。その日の夜、彼に言われました。「デジカメを子供に貸すのはどうかと思う」と。

その時、僕と彼は互いに違う価値観で行動していたわけです。

「先進国・途上国関係なく子供として接していた」僕
「途上国にない物(文化)に子供たちが触れ、欲することを恐れた」彼

どちらが正しくて、どちらが間違っているなんて今の僕には出すことができません。
しかし、この本を読んだ今は彼の考えをより深く理解できたと思います。

個人的にはスローライフを目指す上で究極の課題であると考えている
「先進国の生活水準を下げた生活に先進国の人間は受け入れられるのか」
ということに対する答えの違いが、この価値観の違いを産んだのでしょう。

理想は、もちろん「受け入れられる」ことでしょう。
しかし、その時の僕は(今も大きくは変わっていませんが)それはできないと思ったんです。
それなら、先進国の製品

関連記事

朝、会社に行きたくなる技術

朝、会社に行きたくなる技術 梅森 浩一 日本実業出版社 2006-10-19 売り上げラン

記事を読む

速読する技術

速読する技術―「視覚脳」を鍛えれば本がいままでの10倍速く読める! 栗田 昌裕 中経出版

記事を読む

考具―考えるための道具、持っていますか?

考具―考えるための道具、持っていますか? 加藤 昌治 ティビーエスブリタニカ 2003-0

記事を読む

シャウト Shout

シャウト Shout 有限会社エルビス出版監修 田中 圭介 エルビス出版 2005-07-

記事を読む

ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え 本田 健 大和書房 2003-06-19 売り上げランキング : 1,

記事を読む

一冊の手帳で夢は必ずかなう

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法 熊谷正寿 かんき出版 2

記事を読む

スロー快楽主義宣言!

スロー快楽主義宣言!―愉しさ美しさ安らぎが世界を変える 辻 信一 集英社 2004-08 売

記事を読む

使う力

使う力 御立 尚資 PHP研究所 2006-04 売り上げランキング : Amazon

記事を読む

ごみとリサイクル

ごみとリサイクル 寄本 勝美 岩波書店 1990-12 売り上げランキング : 311,36

記事を読む

子どもの自信をつける言葉 トラウマになる言葉

子どもの自信をつける言葉 トラウマになる言葉―毎日の何気ないひと言が大切な理由 加藤 諦三

記事を読む

Comment

  1. 川中紀行 より:

    1 ■トラックバック感謝します。
    スローライフ、批判し過ぎてしまいました。「スローライフ」という概念が統一されておらず、いい加減な「休日の過ごし方」までが「スロー」という名の下でメッセージされているという現状が問題だと感じています。「スロー・イズ・ビューティフル」も“誰でもできること”“条件が揃えばできること”“収入を度外視すればできること”“資本主義社会を変えない限りできないこと”などに整理して書くべきだったと思います。それで辻さん自身も考え方を整理できたはずです。そのうえで一人ひとりが選択すればよいものだと考えます。この本は正しいコトももちろん言っている。でも、(恐らく)言葉足らずで誤解を生む表現が実に多い、というのが実感です。
    http://blog.livedoor.jp/present_nori/archives/14766803.html#trackback

  2. aparticle より:

    2 ■トラックバックありがとうございます*
    きっちんさんの余談,川中さんのTBを読んでおりましたところ、以前読んだ記憶が起き上がりました。そうですね、この本を通して著者がほんとうに伝えようとしているコアな部分は、注意深く検討される必要があると思います。。。
    http://pusai.jugem.cc/

  3. kore より:

    3 ■無題
    この本は読んだことがないのでなんとも言えないのですが、私が思う「スローライフ」のスローとは時間のことでななくて、心のありようではないかと思います。仕事が忙しくても心にゆとりを持つ事が本当の「スローライフ」だと思います。
     仕事はテキパキと終わらせ休日にはゆっくり過ごすという事が今の日本には必要となってきているのではないでしょうか…?

  4. きっちん より:

    4 ■川中紀行さん
    コメントありがとうございます!!

    批判しすぎたと書かれていますが、僕はとても勉強になりました。
    一つの意見ばかりを見るのではなく、
    反対の、もしくは別の意見を知って
    そこから自分の考えを導き出すことってとても大切だと思います。

    「スロー」という考え方は今はまだ
    発展途上というか、みんなの中で形成されている段階なんでしょうね。
    だからこそ、今の時期にしっかりとした概念や具体的な話を
    もっともっと議論していくことが大切なんだと思います。
    http://bookitchen.ameblo.jp

  5. きっちん より:

    5 ■aparticleさん
    コメントありがとうございます♪

    長々と書いてしまった余談まで読んでいただいて本当に感謝ですヾ(〃^∇^)ノ

    この考え方を持った人は思いが強すぎて、
    そのことを伝えることばかりに意識がいってしまっている気がします。
    そこが一方的に押し付けている感じや、
    強い反発を生み出してしまう原因となっているのではないかとも・・・。
    僕自身がこんな偉そうなことを言っても全然知識も経験もないので
    本末転倒なんですが(^o^;
    少しずつ少しずつ、焦らず無理せず浸透していけばいいなって思います。
    http://bookitchen.ameblo.jp

  6. きっちん より:

    6 ■koreさん
    まったくその通りだと思います!!

    この本を読んでいないからこその意見でとても勉強になります。
    電化製品の普及によって時間に余裕が持てるはずだったのに、
    今まで以上に時間に追われている感覚を持ってしまうのは、
    まさに「心」の持ちようが狂ってきているからのように感じます。
    仕事と休日のメリハリを持つことは、
    これからの日本社会では一番必要なことなのかもしれませんね。
    http://bookitchen.ameblo.jp

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑