「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

ビジネス

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~


「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~ 「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

箱田 忠昭

フォレスト出版 2005-11-16
売り上げランキング : 31563
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★☆☆



みなさんにももちろん、苦手なことはあると思いますが、僕が苦手なものは「整理整頓」です。これによって、仕事がはかどらなくなったり、探す必要のないはずのものを探す羽目になってしまったり、何より頭の中がぐちゃぐちゃになってしまいます。現在の課題である「わかりやすく話す」ためには、頭の中をスッキリとさせることが必要不可欠だと思うのですが、そのためにはこの「整理整頓」の能力を身に付ける必要があると痛感しています。

時間管理という言葉がありますが、僕もこの言葉に魅入られ、身に付けたい・身に付けないといけない、と思っていました。しかし、時間とは管理のできないものであると述べているのが本書です。それでは何を「管理」することによって、人生を効率的に充実したものへとすればよいのか。それは「行動」だというわけです。

また「時は金なり」ではなく、「時は人生なり」となります。お金は増やすことができますが、人生(寿命)を増やすことはできません。この考え方は言われてみれば納得のいく、そして大切な考え方であると思います。

本書では、当たり前のことしか書かれていません。しかし、その当たり前のことをするだけで、仕事は家庭はプライベートはそして仕事は飛躍的に良くなります。といっても、そもそもそれができれば苦労しないよ・・・と嘆いてしまいそうですね。簡単に本書に書かれていた手法を羅列していきます。

【計画を実行するための七つのテクニック】
1.同時処理する
2.期限をつけて処理する
3.タイムロックの実行
4.すぐやる習慣をつける
5.電話、メールのプランニング
6.もっと他人に任せる
7.最初の四分間に全力を

タイムロックとは、誰にも邪魔されない自分のためだけの時間を指します。これらの七つの中では4と7がすぐにできるもの、且つ効果的なものだと思うので、早速取り入れていきます。

「時間泥棒」を排除する十五の対策の中からいくつか抜粋
・毎日のルーティンワークを決める
・早起きの習慣をつける
・期限を設ける
・やりたくない仕事を先へ延ばすな
・「好楽円」の仕事をあとにする
・計画的に休み時間を定める
・完全主義者にならないこと

この中では、「すぐやる」に通じる、やりたくない仕事を先へ延ばさず、「好楽円」の仕事をあとにすることが重要になってきそうです。

時間は目に見えにくいだけであって、さまざまな工夫によって目の前に姿を現してくれます。それができるのか、できないのかが人生の明暗を分けるのかもしれません。無意識にそれが出来るほど天才ではないので、意識して実践していかないといけないですね。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←素敵な書評ブログがたくさんあります

関連記事

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

著者: 山田 真哉 タイトル: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

記事を読む

儲かる会社のつくり方

著者: 堀江 貴文 タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 ★★★★★★☆☆☆☆

記事を読む

モテるコンサルティング戦略

モテるコンサルティング戦略 織田 隼人 PHP研究所 2006-10 売り上げランキング

記事を読む

史上最短で、東証二部に上場する方法。

史上最短で、東証二部に上場する方法。 野尻 佳孝 アメーバブックス 2005-05-25 売

記事を読む

mixiと第二世代ネット革命

mixiと第二世代ネット革命―無料モデルの新潮流 早稲田大学IT戦略研究所 根来 龍之 東

記事を読む

シニア世代の心をつかむ7つの法則

シニア世代の心をつかむ7つの法則―100兆円の新たなる巨大市場 山崎 伸治 青春出版社 2

記事を読む

意思決定しないことは他人に人生を委ねること – 『意思決定力』

意思決定力ダイヤモンド社 2009-10-17売り上げランキング : 207おすすめ平均 Ama

記事を読む

デッドライン仕事術

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95) 吉越 浩一郎 祥伝社 2007-12-15 売り

記事を読む

20代から考える生涯現役のハローワーク

20代から考える生涯現役のハローワーク 生涯現役応援委員会 宙出版 2005-02 売り上

記事を読む

アカウンタビリティ(責任を持つ)の重要性 – 『主体的に動く』

主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント伊藤 守 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009

記事を読む

Comment

  1. nero より:

    1 ■こんばんは
    整理整頓が下手糞と仰いますが、
    私には仕事をこなしつつ本を読んで、レビューまで書き上げるきっちんさんはとても時間の使い方が上手な様に見えます(・ω・;)

    あと、一つ質問にお答えいただきたいのですが、
    一冊の本(小説・新書・ビジネス書)のレビューには、大体どのくらいに時間を要していますか?

    私も本の感想を書き上げる際に大変時間が掛かってしまい、いろいろな人の所要時間も参考にしているのですが、お答えいただけたら幸いです。

  2. nero より:

    2 ■無題
    よく読み返しもせず投稿してしまったため誤字が目立ちますが、どうか目をつぶってください><;
    すみません(・ω・;)

  3. きっちん より:

    3 ■neroさん
    コメントレスが遅くなりまして申し訳ありません。

    この一週間は少しサボってしまいました。。。

    大体ひとつの書評を書き上げるのに平均で45分程度です。
    長いときには1時間を越えます。

    今は30分を目標に書いているのですが、
    どうしても感想が浅いものになってしまうので、
    そこの工夫をどのようにしていくのか
    僕も試行錯誤をしているところです。

    何かオススメの方法などがありましたら
    教えていただけるとうれしいです♪

nero にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑