若者はなぜ3年で辞めるのか?

ビジネス

若者はなぜ3年で辞めるのか?


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

城 繁幸

光文社 2006-09-15
売り上げランキング : 56
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★☆☆



ご無沙汰しております!!大体、二ヶ月間ほど放置プレーしておりました。仕事が忙しくなってきて、ついついおろそかになってきていたのですが、最近も仕事に慣れてきて、毎日の生活が退屈になってきましたので、もう一度原点に返りまして、読書を本格的に再開することにしました。これからも、拙い読書感想を書き綴るだけのブログですが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

さて、今回の一冊は会社からの帰りで目に付いて購入しました。仕事に対して少しモチベーションが下がってきていた時期だったので、余計に目に付きました。この本のメインテーマは副題にも書かれているように「年功序列」です。「年功序列」の光と影、メリットとデメリット、もたらした結果について鋭く指摘し、今の日本の雇用について言及しています。

といっても、難しい内容ではなく、それぞれ感tなんな説明と具体例、インタビューなどが記述されているので、誰でも気軽に読むことができます。このタイトルだとやはり「若者」が手に取ることが多いと思いますが、読後の感想としてはどの世代にも、特に40代・50代のサラリーマンをしている方々にも目に留めて欲しい一冊だということです。

「年功序列」と「成果主義」は相反するもののように見えて、実態はそうではないということ。「年功序列」の継続によって生まれた弊害。後継となるべき若者への負担の増加など、考えさせられるものが多分にありました。「年功序列」という一本のレールはほとんどの業界でガタつき、途絶えている、というのが本書の論旨の一つです。

実際に、僕ぐらいの年代ですと、そういったことを強く感じている人も少なくないと思います。本書でも書かれていますが、何よりも不幸な人たちはバブルの時代に就職をした人々です。少しの例外を除けば、人は環境によって作られてしまいます。その時代の環境、つまりはバブル期の学生が売り手市場だった時に就職していれば、僕も同じ苦労をする人間になっていたはずです。

現在のキャリアパスとしてベター(ベストではない)もののひとつとして、専門職とマネジメント職を明確に差別化し、違う評価基準を設けるというものが提案されています。実際に僕の会社でもその人事制度を導入していく段階にあり、時代の流れに合った良い制度であると思います。ただ、僕の会社はまだまだ若い会社だからできることですが、大企業だと一つの制度を変えるだけでも膨大なエネルギーを必要とすることから、なかなかこのような社会の流れに対応していくことは難しいのでしょう。

本書の最後の方に書かれている、現代の社会に生きる者達が持てる可能性が高くなっている一つの宝物についてよくよく考えていかないといけない時期が来ているのだと思います。それは、

「自分で道を決める自由」

です。日本の詰め込み式の教育・受験戦争・学歴社会によって夢と希望を置き忘れてきた多くの人たち(自分も含めて)こそ、一度立ち止まって、自分の「働く意味」「生きる意味」と向き合うことが重要なんですね。

個人的に著書で好感を持てるのが、「若者」に原因があるとはせず(実際はあるかもしれませんが)、あくまでも客観的に事実から考えられる結果を展開して論述されている点です。

この本を読むことで、著者の書いている通り僕は元気をもらいました。この本によって息が詰まるくらいに辛い気持ちになる方もいるかもしれませんが、その気持ちになることも次のステップに進むためには必要な過程ではないのでしょうか。とにかく若い人も会社を定年退職した人も、もちろん子供がいる30代・40代の中堅の方々も読んで欲しいと思います。ただ、政治家や利権にしがみつく人たちにとっては、わかりきった上で行動しているかもしれませんが。

仕事が忙しくなってきているのは変わりませんので、出来る限り毎日更新するためにも、基本的には文章の見直しはしません。そのため、まとまりのない読みにくい内容、わかりにくい感想になることもありますが、ご容赦ください。基本的に受信と発信の繰り返しによってスキルアップをしていくことを改めて目指していきたいと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←素敵な書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

仮想本棚&電脳日記:若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来/城繁幸

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来/城 繁幸 今日のご飯はなあに

Tシャツ行政学@horisan.net | 「若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読む

20代の成長戦略・時間戦術 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

OFFICE SAGAWA: 城繁幸「若者はなぜ3年で辞めるのか」

ゆうやけ公園通り:若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

「日本文学の革命」の日々 『若者はなぜ3年で辞めるのか』

とりあえずは読書メモ?:「若者はなぜ3年で辞めるのか?」城繁幸

人と組織の勉強部屋: 『若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来』

サラリーマン副業! 脱サラチャレンジ | 今、話題のベストセラー「若者はなぜ3年で辞めるのか?」

関連記事

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

著者: 山田 真哉 タイトル: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

記事を読む

御社の営業がダメな理由

御社の営業がダメな理由 藤本 篤志 新潮社 2006-05-16 売り上げランキング :

記事を読む

あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール

あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール 浜口 直太 明日香出版社 2005-10

記事を読む

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~ 箱田 忠昭

記事を読む

営業脳をつくる!

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング 和田 裕美 PHP研究所

記事を読む

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 内田 和成 東洋経済新報社 2006-03-3

記事を読む

モテるコンサルティング戦略

モテるコンサルティング戦略 織田 隼人 PHP研究所 2006-10 売り上げランキング

記事を読む

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング 本田 直之 東洋経済新報社 2006-12-01 売り上げランキ

記事を読む

気づく力

気づく力 畑村 洋太郎 ほか プレジデント社 2005-08-18 売り上げランキング :

記事を読む

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 高野 登 かんき出版 2005-09

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑