【書評】成功者の影で活躍する猛者が知れる一冊 – 『孫正義が語らないソフトバンクの深層』

【書評】成功者の影で活躍する猛者が知れる一冊 – 『孫正義が語らないソフトバンクの深層』

孫正義が語らない ソフトバンクの深層

菊池 雅志 光文社 2010-12-16
売り上げランキング : 75891

by ヨメレバ

★★★★★★★★★★


年末年始はホリエモンと孫氏関連の書籍を重点的に読んでいました。何かを学習する時は関連する書籍を10冊程度読んでいくと理解が深まると言いますが、人物についても同様のことが言えることを実感しています。今では孫氏を尊敬する一ファンになりました。個人的に良書が多かったので、空いた時間で紹介してきたいと思います。

著者紹介

菊地 雅志(きくちまさし)
昭和41年、千葉県我孫子市出身。平成2年、武蔵大学人文学部卒業。「財界展望」編集部、「週刊現代」記者、「週刊文春」記者をへてフリー ※Amazonの著者紹介より抜粋

本書はタイトルの通り、孫氏をメインにして書かれた書籍ではなく、ソフトバンク幹部に焦点を当てて書かれています。舞台はADSL事業への参入からソフトバンクモバイル誕生、そして現在の躍進を遂げるまでとなっています。

本書が良いと感じたのは、著者が記者でインタビューと緻密な調査をもとにした内容となっており、客観的に、かつ読みやすく書かれている点です。

こういった方にオススメ!

→会社員として実績を残し、活躍する人々について知りたい

私も大ファンになってしまった孫氏は誰もが認めるすごい人物ではありますが、孫氏一人だけで今のソフトバンクの躍進があるわけではないことも理解でき、裏側で活躍している人がどういった人たちなのか、を知る機会はなかなかないと言う意味で良書だと感じました。

別書で、ソフトバンクの強みの一つは「多様性」であると書かれていましたが、その通り、本書で紹介されるソフトバンク幹部は様々な経歴を持った猛者揃いでした。また、本書で紹介されている方の下で働く社員の中にもまだまだ多くの猛者がいることが窺えます。

孫氏の素晴らしいところは、それぞれ独自にビジネスを行っても成功を納められる実力を持った猛者を惹きつけ、入社してもらい、同士として共通のビジョンに向かって一生懸命働いてもらう魅力にあります。

紹介されるそれぞれの人がそれぞれの分野に情熱を持ち、仕事に取り組んでいる姿が描かれていて、非常に魅力的です。営業と技術が真剣に議論し、成功するための戦略を練り、圧倒的な実行力で実現していく様は読んでいて気持よくなります。

本書を読むまではソフトバンクがどういった会社なのか漠然としたイメージしか持っていませんでした。Yahoo!の大株主やYahoo!BBをやっている会社という程度です。

本書の後半に書かれている宮川潤一氏のこれからの携帯電話市場に関するコメントが的を射る内容で、衝撃を受けたので抜粋します。

宮川氏はブロードバンド黎明期の2001年に独立系ISP会社「ももたろうインターネット」とADSLサービス会社「名古屋めたりっく通信」の代表でしたが、孫氏にそそのかされ、めちゃくちゃな体制でスタートし、混乱を極めたYahoo!BBの事業を取りまとめ成功させた人物です。ブロードバンドの成功を真っ只中で見続けた宮川氏だからこそ見えていた世界ではないかと思います。

「ブロードバンド屋として直感で思っています。インフラをナローバンドからブロードバンドに切り換えると、ユーザーが自分たちで使い勝手を見つけて、トラフィックの使用量を100倍ぐらいに増やしていきました。ですから、本物のインフラに変わっていくことが、まず大事なキーワードだと思ってます。ネットワーク側が、それだけのユーザーが使える環境を提供していくと、当然、データ通信のARPUは上がります。ただ、それだけじゃ知恵がない。それなりのコンテンツを持って、ユーザーが使うようにしていかないと。ソフトバンクは、今まで稼いでた分の音声の課金を捨てて、ユーザーを取りにいったわけです。
~中略~
携帯電話端末は飽和に近いと思ってます。これから、何年がかりで1割増えるかというぐらい鈍化するのはもう見えてます。ただ、少し角度の違った形のネットワークの接続機器は、まだまだ増えると思うんです。単純にいうと、ノートPCが3G系の通信デバイスに変わったら、少なくとも400万やそこらのチャンスが増えてくると思うんです。
~中略~
台数があるからARPUの議論になるんです。あと2年後ぐらいから、台数じゃなくて、全体のレベルでいくらだという時期への突入が始まるような気がします。」

宮川氏が筆者に語ったのはiPadどころか、iPhone 3Gでさえ発表されていない時期だったようです。

私個人、Appleがあまり好きではなく、iPhoneにも関心がないのでドコモユーザーのままですが、本書を読みソフトバンクという会社のイメージが大きく変わり、好きになったので今後、魅力的なAndroid端末が販売されればソフトバンクに乗り換えてもよいかなと思いました。

ソフトバンクという会社を知るにはピッタリの一冊だと思います。あとは、今読んでいる井上篤夫氏が二十数年にわたる徹底取材で描いた決定的評伝と言われる「志高く 孫正義正伝 完全版」を読むとより一層知ることができます。

関連記事

4569794734

孫正義を間近で見てきた人物が書く孫正義流 – 『孫正義「規格外」の仕事術』

孫正義「規格外」の仕事術―なぜソフトバンクは逆境でこそ強いのか (PHPビジネス新書 157)

記事を読む

タダより高いものはない?がわかる – 『ゼロ円ビジネスの罠』

ゼロ円ビジネスの罠 (光文社新書) 門倉 貴史 光文社 2010-09-17 売り上げラ

記事を読む

流行りのWebサービスを知るならこの一冊 – 『本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み』

本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み 佐々木 俊尚 日本経済新聞出版社 2010-09

記事を読む

Web2.0は個人のコミュニケーションもダイレクトにする? – 『Me 2.0』

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」 土井英司 日経BP社 201

記事を読む

4887598513

キーワードは「目標」「自尊心」「努力」 – 『成功をめざす人に知っておいてほしいこと 』

成功をめざす人に知っておいてほしいこと リック・ピティーノ ディスカヴァー・トゥエンティワ

記事を読む

20代なら一読の価値あり – 『20代で伸びる人、沈む人』

20代で伸びる人、沈む人 きこ書房 2010-04-30 売り上げランキング : 754

記事を読む

リーダーとして成功したいなら一読の価値あり – 『リーダーはじめてものがたり』

リーダーはじめてものがたり 幻冬舎 2010-05-26 売り上げランキング : 156

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑