今、流行りのクラウドを知るならまずこの一冊 – 『アップル、グーグル、マイクロソフト』

今、流行りのクラウドを知るならまずこの一冊 – 『アップル、グーグル、マイクロソフト』

アップル、グーグル、マイクロソフト クラウド、携帯端末戦争のゆくえ (光文社新書) アップル、グーグル、マイクロソフト クラウド、携帯端末戦争のゆくえ (光文社新書)

光文社 2010-03-18
売り上げランキング : 502
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★★★★☆☆☆


最近、Web2.0という言葉を以前よりも聞いたり、見たりするようになりました。それと同時にクラウドという言葉も以前よりも聞いたり、見たりするようになりました。

本書でもクラウドという言葉について書かれており、2006年に一度流行語になりましたが、その当時はクラウドという概念が専門家の間でもまとまらず、そのまま消えてしまいました。2009年に再び流行語となりましたが、未だに実体は不明で専門家の間でも手探りの状態だそうです。

著者紹介

岡嶋裕史(おかじまゆうし)
一九七二年東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所勤務を経て、現在、関東学院大学経済学部経営学科情報部門・関東学院大学大学院経済学研究科准教授。『ジオン軍の失敗』(アフタヌーン新書)、『理系思考術』(ソフトバンク新書)、『今さら部下には聞けないパソコン術』(光文社知恵の森文庫)、『暗証番号はなぜ4桁なのか?』『数式を使わないデータマイニング入門』『iPhone』『ウチのシステムはなぜ使えない』(以上、光文社新書)など著書多数。

実体は掴めないままのクラウドという概念ではありますが、本書ではタイトルにあるようにクラウドの先端を行く三大企業を例に説明がされており、理解を勧めることができます。

こういった方にオススメ!

→クラウドについてもっと理解を深めたい

高校生の頃からGoogleファンで去年に発売した日本初のAndroidケータイ「HT-03A」を持っているので、クラウドについて関心はあったのですが、上にも書いた通り、うまく説明できる知識や情報もなく漠然とした認識のままでした。

SaaS、PaaS、IaaSという3つのサービスの違いでクラウドとは何かが説明されています。本書でもそれぞれの違いは書かれていますが、Wikipediaより簡単に説明を引用しておきます。

SaaS(サース、Software as a Service)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)もしくはその提供形態のこと。一般にはインターネット経由で必要な機能を利用する仕組みで、シングルシステム・マルチテナント方式になっているものを指す。

PaaS(パースまたはパーズ、Platform as a Service)とは、インターネットを利用したコンピュータの新しい利用形態の1つである。PaaSでは、ソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームを、インターネット経由のサービスとして提供する。具体的には、インフラ、DBMS、ユーザーインターフェースなどのシステム開発手段となるツールや、開発したシステムを運用するための環境をインターネットを通じて「サービス」として提供し、月額使用料などの形で収入を得る事業モデルである。

IaaS(イアース、Infrastructure as a Service)とは、インターネットを利用したコンピュータの新しい利用形態の1つである。IaaSでは、コンピュータシステムを構築および稼動させるための基盤(仮想マシンやネットワークなどのインフラ)そのものを、インターネット経由のサービスとして提供する。

一読しただけでは、それぞれの違いについて把握しきることは難しかったのですが、OSを含めてサービスを提供するPaaSが今後のクラウドサービスのキーファクターとなることに触れられています。

マイクロソフトは「ウィンドウズアズール」、グーグルは「クロームOS」のソフトウェア提供することで、クラウドサービス市場のシェアを獲得しようとしています。一方でアップルはiphone、ipadといった独自の携帯端末(ハードウェア)を普及させ、iTunesからオンラインにてコンテンツを販売するモデルで独自のクラウドサービス路線を築こうとしています。

個人的には上にも書いとおりGoogleファンなので、AndroidやクロームOSが活用された携帯端末が普及され、利用しやすくなれば良いと思いますが、本書で取り上げられているアップルとマイクロソフトも頑張ることで、健全な市場形成がされて欲しいです。

関連記事

流行りのWebサービスを知るならこの一冊 – 『本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み』

本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み 佐々木 俊尚 日本経済新聞出版社 2010-09

記事を読む

成功本の無意味について痛快に書いた一冊 – 『ビジネス書大バカ事典』

ビジネス書大バカ事典 三五館 2010-05 売り上げランキング : 8604 おすすめ

記事を読む

4887598513

キーワードは「目標」「自尊心」「努力」 – 『成功をめざす人に知っておいてほしいこと 』

成功をめざす人に知っておいてほしいこと リック・ピティーノ ディスカヴァー・トゥエンティワ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑