Web2.0は個人のコミュニケーションもダイレクトにする? – 『Me 2.0』

Web2.0は個人のコミュニケーションもダイレクトにする? – 『Me 2.0』

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」 Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」
土井英司

日経BP社 2010-04-29
売り上げランキング : 555
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★★★☆☆☆☆


本日は、「Web2.0」ならぬ「Me2.0」について書かれた本を読みました。「自分ブランド術」=「パーソナルブランディング」について著者自身の経験に基づいて書かれた一冊です。

著者紹介

ダン・ショーベル(Dan Schawbel)
若者のためのパーソナルブランディングの第一人者。EMC、リーボック、ライコス、ロージャック、テックターゲットなどで8年にわたってマーケティング職を経験。地域特化型ソーシャルネットワーク企業エコー・マイプレイスでアドバイザーを務めるほか、個人や企業のブランディングも支援している。グーグルのマーケティング講演シリーズでは、初回の講演者のひとりとして招かれた。自身のブログ「パーソナルブランディング・ブログ(Personal Branding Blog)」はアドバタイジング・エイジ誌が選ぶ世界のマーケティングブログ100選の常連であり、フォーブス誌、ロイター、シカゴ・サンタイムズ紙にも配信されている。http://www.personalbrandingblog.com/

こういった方にオススメ!

→就職活動を控えていて、自分をより良く見せたい。

→今後のキャリア形成のためにWebを活用して人脈を広げたい。

社会人になって早5年目です。就職活動をしていた頃は、mixiが大学生の間で流行り始めていましたが、それよりもGREEが主流でした。今でこそ、GREEの成功はすごいですが、当時はmixiの勢いに負けていった時期でもありました。

サークルは3つ掛け持ちをし、就職活動で伝えられるだけのエピソードはあるつもりでいましたが、社会・会社が求める人材であることを伝えるには不十分であることを感じ始めた中で、ひとつの工夫として実施したことが毎日書評をブログに書くことでした。

こういったことをする学生は他にもたくさんいたと思いますが、当時は毎日書評+ニュースに関するブログを更新している学生はいないと思い、自分をPRするエピソードとして活用していました。使用していたブログもリリース間もないAmebaブログで、PV数でランキングが決まる方式からいろいろと工夫をして、ニュースカテゴリで5位以内に入っていた頃もありました。

今はWeb2.0の時代に移り、ブログは当たり前、もしくは古いものとなり、TwitterやSNS、スマートフォンの活用が当たり前の世の中となりました。

前置きが長くなりましたが、本書は現代のコミュニケーションの変化=Web2.0に適したプロモーション方法を個人にフォーカスして書かれた一冊です。著者自身がWebを最大限に活用した結果、キャリア形成に成功しており、一貫して「自分ブランド術」=「パーソナルブランディング」について書かれています。

前半は、キャリア形成(=キャリアパス)のために必要な考え方、人脈の作り方、キャリアパスを考えるコツなどが書かれており、個人的には非常に参考になりました。

多くの書籍で似た内容で書かれていますが、「自分発見テスト」はぜひ一度試してみてもらいたいです。

・自分が好きな活動を五つ挙げよう

・自分の性格のうち、自分自身が特徴的だと考えているものを五つ挙げよう。

・自分の性格のうち、他人からよく指摘されるものを五つ挙げよう。

・自分の性格のどんなところを改善したいか。

・大学時代に好きだった科目は何か。

・大学時代に嫌いだった科目は何か。

また、詳細は本書を読んでいただきたいですが、パーソナルブランディングの三つの要件も心に留めておきたいです。

1.個人的な信条

2.自分ブランドの差別化計画

3.自分ブランドのマーケティング戦略

後半は、前半の(作成された)キャリアパスを達成するためのWebプロモーション方法が細かく書かれています。Twitterからブログ、検索エンジンの対策などテクニカルな箇所が非常に多いです。すでに知っている方には不要な箇所も非常に多いですが、知らなかった人はWEB2.0の可能性を実感できる内容となっています。

監訳者あとがきに本書で一貫して書かれているWeb2.0による変化を的確に表現した箇所がありましたので、引用します。

この本は来るべき「ダイレクトコミュニケーション」の時代を予言した本なのである。

今の仕事が自分のキャリアにどのように活かせるのか、活かすつもりなのかを考える機会を与えてくれる一冊です。また、PR手法も書かれているので、他のキャリア形成関連の書籍と併読すると効果が高いです。

関連記事

うまく話が伝わらないと感じたら – 『圧倒的!伝えるチカラ』

圧倒的!伝えるチカラ―伝わらなければ選ばれない。選ばれるプレゼンの秘密 ローカス 200

記事を読む

4334976352

【書評】成功者の影で活躍する猛者が知れる一冊 – 『孫正義が語らないソフトバンクの深層』

孫正義が語らない ソフトバンクの深層 菊池 雅志 光文社 2010-12-16 売り上げラ

記事を読む

20代なら一読の価値あり – 『20代で伸びる人、沈む人』

20代で伸びる人、沈む人 きこ書房 2010-04-30 売り上げランキング : 754

記事を読む

4887598513

キーワードは「目標」「自尊心」「努力」 – 『成功をめざす人に知っておいてほしいこと 』

成功をめざす人に知っておいてほしいこと リック・ピティーノ ディスカヴァー・トゥエンティワ

記事を読む

4774148148

【書評】ウェブ担当者が知っておくべきKPIについて書かれた一冊 – 『繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」』

繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑