80対20の法則を覆す ロングテールの法則

ビジネス

80対20の法則を覆す ロングテールの法則


80対20の法則を覆す ロングテールの法則 80対20の法則を覆す ロングテールの法則

菅谷 義博

東洋経済新報社 2006-02-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★☆☆


ウェブ進化論」で「ロングテール」という単語を初めて知り、またその内容に衝撃を受けていたので、ロングテールについてより詳しく知りたいと思いました。そんな中、最近売れている本ということで知ったのが本書です。

作者がプロローグで

「勘」と「センス」が支配してきた従来のマーケティングに対し、あくまで論理的で再現可能なマーケティング戦略を創り、売上をコントロール可能なものとすることが、この本の真の狙いである。

と書いている通りに、本書はロングテールの法則についてより深く書かれている本とは少し違ったものとなっています。ロングテールという新しい価値観、法則を認識した上で、どのようなマーケティング手法をこれから採り入れていけばよいのかを、実践的なレベルで実行できるように説明することに重点がおかれています。

そのため、僕自身がこの本を手に取った当初の目的とは少し違っていましたが、結果として多くのことを学べる良い機会となりました。

ロングテールについては有名なのと、「ウェブ進化論」の感想を書く際に説明しようとして失敗した経緯がありますので、省略させてもらいます(苦笑)

まず、個人的な意見としては、「ロングテールの法則」が流行ってきたからといって、今までのいわゆる「80対20」の「パレートの法則」が必要とされなくなる、機能しなくなる、ということはないのではないか、ということです。そのため、たしかにロングテールの考え方は大切ですし、トレンドですが、そこに夢中になり過ぎず冷静に見極め、自分達にとって利用価値があるかどうかを判断する必要があるのでは?と思います。

現在は、ネット上でロングテールが広がっていますし、実際にこれからもネット上以外でロングテールを活用させていくことはなかなか難しいように思っているのですが、本書で勉強になったことは、ネット上で展開されるとしても、重要なのはマーケティングの「ネット化」ではなく、「自動化」にあるという意見です。この視点を持つことがネット上以外で活かしていくための突破口となりそうです。

もうひとつ面白かったのが、

商品は店員や営業マンが売るのではない。「売れる仕組み」が売る

という認識です。詳しい説明を読んでいくうちに「本当にその通りだ」と納得できました。詳細は本書を読んでもらえれば、と思いますが、社員の中でできる社員、できない社員を生み出すことが会社の目的ではなく高い利益を生み出すことであれば、どの営業マンも売れるようになるための仕組みを作り出す必要があるわけです。その仕組みを作り出すのが、マーケティングであると作者は述べています。

変化し続ける市場が生み出した「ロングテール」という概念。グーグルやアマゾンなどの成功事例。絞るマーケティングだけでなく、絞らないマーケティングという新手法の提案など、まだまだ学ぶ余地はたくさんありそうです。大切なのはやはり、答えがない問いかけに対して自分なりに考え答えを出していくチャレンジをしていくことですね。とか偉そうなこと言ってみましたが、ビジネスのビの字もまだまだわかっていない、新卒社会人のひよっこです(笑)

「80対20の法則を覆す ロングテールの法則」オフィシャルサイト
ロングテールの法則 by 菅谷義博

にほんブログ村 本ブログへ
   ←面白い書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

川映本音の和: 80対20の法則を覆す ロングテールの法則(菅谷義博)

僕らの知らないところで世界はまわる、そう、ぐるんぐるんと: リアル世界のロングテール

maki_lax-blog:長い尻尾はたれるだけ

つのまる はじめてのBLOG 80対20の法則を覆す ロングテールの法則

本の中の名言・格言 | 『80対20の法則を覆す ロングテールの法則』

金持ち父さんになろう日記 | 80対20の法則を覆す ロングテールの法則

本は友達: 80対20の法則を覆すロングテールの法則 /菅谷義博/著

★「80対20の法則を覆す ロングテールの法則」 菅谷義博 (著):【マインドマップでビジネス書評&セミナー評】

ビジネス書はまだ買うな!【ビジネスリーディングマラソン】とりあえず100冊読んでみよう | 80対20の法則を覆す ロングテールの法則

関連記事

営業脳をつくる!

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング 和田 裕美 PHP研究所

記事を読む

これからのビジネスパーソンに必須となるスキルとは – 『プロの課題設定力』

プロの課題設定力東洋経済新報社 2009-07-30売り上げランキング : 58529おす

記事を読む

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

著者: 山田 真哉 タイトル: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

記事を読む

若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 城 繁幸 光文社 2006-09-

記事を読む

本気論

本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法 斎藤 正勝 かんき出版 2

記事を読む

「素頭」で1億円稼ぐ仕事塾

「素頭」で1億円稼ぐ仕事塾―スーパーコンサルタントが明かす小山 政彦ビジネス社 2004-11売り上

記事を読む

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる 梅田 望夫 筑摩書房 2006-02-07 売

記事を読む

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと マーカス バッキンガム Mar

記事を読む

御社の営業がダメな理由

御社の営業がダメな理由 藤本 篤志 新潮社 2006-05-16 売り上げランキング :

記事を読む

あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール

あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール 浜口 直太 明日香出版社 2005-10

記事を読む

Comment

  1. 菅谷義博 より:

    1 ■ありがとうございます
    「ロングテールの法則」著者の菅谷です。拙著をお読みいただきましてありがとうございます。
    「思ってたのとは違った」というのはよく言われるのですが(笑)まあロングテールという現象自体についてあれこれ論じても私は意味がないと思っていて、それをビジネスにどう生かせるか?というポイントで書きました。
    何かご参考になれば幸いです。
    今後ともよろしくお願いします。
    http://www.sugayayoshihiro.com/

  2. smooth@マインドマップでビジネス書評 より:

    2 ■こんにちは
    トラバ頂いていたハズなんですが、ライブドアの設定がヘンなのか、反映されておらずスイマセン。

    全然別ルートでお邪魔して判明したんですけどね・・・。

    他にもかぶっている本が結構あるので、今後トラバさせていただくかもしれませんが、よろしくお願いします。

    上の菅谷さんは、先日セミナーでお会いしたのですが、大変エネルギッシュで楽しい方でしたよー!

    http://smoothfoxxx.livedoor.biz/

  3. きっちん より:

    3 ■菅谷義博さん
    コメントありがとうございます☆
    作者の方にコメントをいただけるなんて嬉しいです!

    おっしゃるとおりだな、と本を読みながら思いました。
    タイトルが少し良くなかったのかもしれないですね。
    「マーケティング」という単語を入れると
    ありきたりになってしまいますが、
    読み手には内容と一致する感覚で良かったのかな、なんて思いました。

    これからも勉強させてもらいます♪

  4. きっちん より:

    4 ■smoothさん
    別ルートというのが気になります(笑)

    ぜひぜひ、ドンドントラバしてください♪
    よろしくお願いします!!

    管谷さんとお会いしたんですね☆
    僕も積極的にいろんなイベントに参加していきたいなって思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑