団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」

ビジネス

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」


団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」 団塊シニアビジネス「7つの発想転換」

村田 裕之

ダイヤモンド社 2006-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★☆☆☆



昨日の書評で、高齢化社会に関心があると言っていましたが、冗談抜きで関心あります。なぜ、自分がそこまで関心を持っているのか明確に示すことができないのですが、やっぱりこれから増えていく高齢者の人たちが活き活きと生活できる社会にすることが、日本全体を元気にするひとつの方法だと思うから、というのが大きいです。

さて、今日読んだ本はそんな高齢化社会にぴったりのテーマの本です。作者はこの本の前にシニアビジネス―「多様性市場」で成功する10の鉄則
という本も出されています。前作も一年前に読み終えているのですが、感想を書かずじまいです。今作は前作を読んでから読む方が理解が深まる一冊になっていると思います。

多くの企業では、団塊の世代高齢化社会に対して新しいビジネスに取り組んでいます。しかし、その多くは失敗していると言われています。その原因は何か?という問いに対して、7つの壁を取り上げて解説してくれています。

その中でも一番大きなことは、団塊の世代が均一の消費者(傾向)ではないということではないでしょうか。しかも、そのことはシニアにだけ限ったことではありません。顧客は「個」客であるという認識が生まれ、かなりビジネスでも浸透してきています。つまり、この本は決してシニアビジネスに関心があり、取り組んでいこうとしている人や企業が読むための本ではなく、広い範囲の読者にウケる本であると思います。

7つの壁とは、

1.市場調査の壁
2.顧客開拓の壁
3.商品営業の壁
4.商品開発の壁
5.顧客維持の壁
6.収益向上の壁
7.新規事業の壁

となっています。本の中ではひとつひとつシニアに絡めて解説されていますが、この項目だけを見ると全てのビジネス・事業に当てはまると思わないでしょうか。市場調査の信頼性の問題、営業ツールの選択の問題、開発アイデアの悩み、リピーター客の確保などなど、ビジネスに疎い新社会人の僕が言うのもなんですが、関係性が非常に高いと思います。

特に面白かったのが、あるサービスとあるサービスが結びついて新しい事業を生み出すコンバージェンス型と、それに対しひとつのサービスがより細かく、より質の高いものとなるダイバージェンス型という方法論でした。

コンバージェンスダイバージェンスも聞きなれない言葉ですが、コンバージェンスに関しては、アイデアの生み出し方としてある「既存のモノ同士を組み合わせ、掛け合わせる」という考え方です。ダイバージェンスはまさに個客という変化と、消費者の質の向上が導き出した結果ではないかと思います。

前作を読んでからの方が理解が深まると言ったことと矛盾するようですが、今作は前作ほどの斬新さはありません。しかし、それぞれが感じている市場の変化のもやもやとした箇所を明確な文章で示してくれる良書であると思います。

まだまだシニアビジネスに関してインプットをしている段階ですが、社会人として早く一人前となり、ひとつでも多くアイデアを出していって、その中から事業として確立できるものを生み出していきたいと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←面白い書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

編集室の片隅で!: ダ・ヴィンチ・コード

成功者への道 powered by jugem | 団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」

へっぽこ弁理士受験日記:団塊・シニアビジネス 7つの発想転換

質問からはじめよう:目標にとどくには?

PAPちゃんねるへようこそ!:村田裕之氏のシニアビジネス本第二弾出る

野心家の本棚:団塊・シニアビジネス 7つの発想転換・多様性市場の壁を突き破れ

関連記事

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501) 佐々木 俊尚 文藝

記事を読む

デッドライン仕事術

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95) 吉越 浩一郎 祥伝社 2007-12-15 売り

記事を読む

御社の営業がダメな理由

御社の営業がダメな理由 藤本 篤志 新潮社 2006-05-16 売り上げランキング :

記事を読む

あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール

あたりまえだけどなかなかわからない組織のルール 浜口 直太 明日香出版社 2005-10

記事を読む

すごい会議

すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる! 大橋 禅太郎 大和書房 2005-05-18 売

記事を読む

チームリーダーの教科書

チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる 藤巻 幸夫 インデックスコ

記事を読む

千円札は拾うな。

千円札は拾うな。 安田 佳生 サンマーク出版 2006-01-20 売り上げランキング :

記事を読む

儲かる会社のつくり方

著者: 堀江 貴文 タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 ★★★★★★☆☆☆☆

記事を読む

本気論

本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法 斎藤 正勝 かんき出版 2

記事を読む

営業マンの交渉の極意

営業マンの交渉の極意―成功する営業マンが使っている「4つの質問」 伊東 正信 三笠書房 2

記事を読む

Comment

  1. 雑用社長 より:

    1 ■私の参考書です。
    第1弾のシニア・ビジネス。2冊目の同書もすでに読みました。特にシニア・ビジネスを読んだ後、1つのビジネスに生み、昨年から収益を上げています。村田氏の本の中で、特にアメリカのビジネスは、大変興味深く、他書にはないものだと思っています。
    http://f-age.cocolog-nifty.com/1/

  2. きっちん より:

    2 ■雑用社長さん
    コメントありがとうございます♪
    僕もアメリカのビジネスに詳しく触れて、
    現在のシニアビジネスについて解説されているのが
    とても勉強になりました。
    これから、ブログを読ませていただいて、
    少しずつ勉強させてもらいますね。

  3. はじめまして より:

    3 ■サンプルブロガーへのお誘い
    今回は、あなたさまのブログにぜひサンプルブロガーに
    参加していただきたくコメントさせていただきました。
    サンプルブロガーとは、新発売の商品をモニターとして
    無料で試していただき、使用された感想をブログに掲載
    していただくことで、売れ行きに関係なく定額の報酬を
    お支払いするPRシステムです。

    これまでに多数の案件を進めてきておりますが、
    今回、新たに参加していただけるブロガーさんを大募集しております。

    誠に勝手ではございますが、ご参加いただければと思っております。
    もしご興味がございましたら、是非こちらからご登録いただけないでしょうか?
    http://medianet.fm/kuchikomi/individual/

    是非よろしくお願いします!

  4. きっちん より:

    4 ■はじめましてさん
    コメントありがとうございます。

    お申し出は嬉しいのですが、残念ながら
    そこまでの時間を作り出す余裕がありませんので、
    お断りさせていただきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑