アイデアのつくり方

アイデアのつくり方


アイデアのつくり方 アイデアのつくり方

ジェームス W.ヤング 今井 茂雄

ティビーエス・ブリタニカ 1988-03
売り上げランキング : 1,582
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★☆☆


感想を書かないままアップしてしまいました。研修以外にもやることで時間に追われていて、昨日は書く時間を作れなかったので><本も早く読める本を探してしまいました。実家から読んでいない本を200冊ぐらい持ってきているので(苦笑)

この本の存在を知ったのは、昔に紹介した「アイデアのヒント」を読んだときでした。「アイデアのヒント」は本当に名著で、手元に置いておく本のリストに入ったほどなのですが、その本と似ていて、かつ何十年もの間人気を保っている本がある、ということで知ったわけです。

多くの方が感想で書いているように、本当に少ない分量で大切なことがスパッと書かれています。「アイデアのヒント」では既存のもの同士をつなぎあわせ、かけあわせることで新しいものが生まれることを学び、衝撃を受けたのですが、また新しい「アイデア」に関する考え方を知ることができました。

本書で書かれているアイデアを生み出す秘訣は非常にシンプルです。そして本質です。

1.資料集め 自身の課題のための資料と一般的知識を豊富にすることから生まれる資料を。
2.自分なりに資料に手を加えること。考えて、もうダメだ!というところまで考え抜く。
3.意識の外に一度、追いやってみる。2がしっかりできていることが前提。
4.インスピレーション(ユーレカ!わかった!)が訪れる。
5.出てきたアイデアを具体化し、多くの人に見てもらう。

もっと端的に書くなら、竹内均さんの解説があります。

1.データ(資料)集め
2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユーレカ(発見した!)の瞬間
5.アイデアのチェック

プロ論などを読むと思うことですが、アイデアを生み出すことができるのは一部の天才だけではなく、夢中になることのできる凡人でも可能だということです。多くの人はどうしても2の途中で諦めてしまう。ここで諦めなかった人が、結果的に素晴らしいアイデアを生み出して、天才と呼ばれるのだと思います。つまり、天才だからアイデアを生み出せたのではなく、アイデアを生み出せたから天才だと評価されているのではないでしょうか。

僕自身、考え抜くことが苦手なのでよくわかります。自分の好きなことで1~5までの過程を一度やり遂げる経験をすることから目標にして、少しずつステップアップしてきたいです。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←面白い書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

たしょうの思考あそび:ブックレビュー 「アイデアのつくり方」

本は友達: アイデアのつくり方/ジェームス W.ヤング (著)

「アイデアのつくり方」 ジェームス・W・ヤング (著):【マインドマップでビジネス書評&セミナー評】

読書する猫:『アイデアのつくり方』 ジェームス・W・ヤング

けいの就活伝説 | 『アイデアのつくり方』ジェームズ・W・ヤング著

ゴナ・テイク・ア・ミラクル: アイデアのつくり方/ジェームス・W・ヤング

「中堅・技術者」の右往左往ブログ:ジェームス・W・ヤング さんの「アイデアのつくり方」

酔いが醒めたら:Book:アイデアのつくり方

伊達と酔狂 「アイデアのつくり方」 ジェームス W.ヤング

ベイエリアで困った!! ~~カリフォルニア活動記:アイデアのつくり方

関連記事

即戦力の磨き方

即戦力の磨き方 大前 研一 PHP研究所 2006-04 売り上げランキング : Am

記事を読む

段取り力

段取り力齋藤 孝筑摩書房 2003-11-11売り上げランキング : 8,497おすすめ平均 Ama

記事を読む

集中力

集中力 セロン・Q・デュモン サンマーク出版 2006-02-17 売り上げランキング :

記事を読む

うまくいっている人の考え方 (発展編)

うまくいっている人の考え方 (発展編) ジェリー・ミンチントン ディスカヴァー・トゥエンテ

記事を読む

「アイ・カンパニー」の時代

「アイ・カンパニー」の時代―キャリアを鍛える。モチベーションを高める 小笹 芳央 小畑 重和

記事を読む

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える 木村 元彦 集英社インターナショナル 20

記事を読む

心の持ち方

心の持ち方 ジェリー・ミンチントン ディスカヴァー・トゥエンティワン 2004-12 売り

記事を読む

速読する技術

速読する技術―「視覚脳」を鍛えれば本がいままでの10倍速く読める! 栗田 昌裕 中経出版

記事を読む

ディベートの達人が教える説得する技術

ディベートの達人が教える説得する技術 ~なぜか主張が通る人の技術と習慣~ 太田 龍樹 フォ

記事を読む

説明上手になれる「らくがき」の技術

説明上手になれる「らくがき」の技術 ミリー・ソネマン 諏訪原 久美子 PHP研究所 200

記事を読む

Comment

  1. けい より:

    1 ■無題
    トラバありがとうございます。
    1日一冊なんてスゴイですね!
    私は週1冊なのですが・・・。
    http://shukatsu-kay.jugem.jp/

  2. きっちん より:

    2 ■けいさん
    コメントありがとうございます☆
    一日一冊はあくまで目標なんです(汗)

    でも、できるだけたくさん本は読みたいですね♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑