戦略「脳」を鍛える

ビジネス

戦略「脳」を鍛える


戦略「脳」を鍛える 戦略「脳」を鍛える

御立 尚資

東洋経済新報社 2003-11-14
売り上げランキング : 3,377
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★☆☆



真面目にストックがなくなってきました。社会人になった時に、このブログも無理して一日一冊の感想を書かないって決めているので、無理しなくていいのですが、研修中に継続できないようならその後も続かないだろうということで、もう少し悪あがきしてみます。でもやっぱり、ストックからの感想は内容がイマイチなせいもあるのか、反応が悪いです(苦笑)

この本は、就職活動中から興味があって(コンサルに関心があったので)、読みたかったのですが値段が値段でなかなか買う決心ができないままでした。やっと、3ヶ月ほど前に買えたのですが、その頃はビジネス書に飽き飽きしていた頃で、今になりました。

ボストン・コンサルティング・グループからは多くの書籍が出されていますが、作者の御立さんの書籍は初めてです。ボリュームは200ページなのですが、ひとつひとつの内容が濃いので、それ以上の充実感を味わえること間違いなしです。しかし、この本の一番の特徴は「実践ながら読む本」だと言うことで、ばーっと読んだだけの僕にはまだまだ消化不良のようです。

前に「インサイト」という本を紹介しましたが、この本の方が前に「インサイト」について触れていました。しかも、「インサイト」の定義付けが少し違ったものになっています。言葉自体が新しいために、どちらが正しいか正しくないかを議論するよりも、作者の考える「インサイト」というものを受け入れた上で読む方が良いと思います。

インサイト」とはどういうものなのか?作者の言葉をそのまま引用すると、

勝てる戦略に必要な「頭の使い方」、ならびにその結果として得られる「ユニークな視座」

ということになります。本書はこの「インサイト」を分解、説明するために順を追って書かれています。つまり、まずはじめに「頭の使い方」について書かれ、その後、ユニークな視座を持つための工夫について触れられています。

まず、パターン化された定石・定跡を覚え込み、自然とある戦略や新聞の記事を見ながらパターンに落とし込んで考えられるレベルまで持っていきます。そして、自分ならどうするかを考えていき、覚え込んだものを自分の中で発展・進化させていきます。

基本はこの形で地力をつけながら、三つのレンズを使い分けて様々な視点から物事を捉え、考えていきます。三つのレンズは「拡散」「フォーカス」「ヒネリ」となります。レンズの詳しい内容は本書を読んでもらうのが一番ですが、大体はそのまま言葉通りの意味となります。

多くの事例を取り上げられながら進められていくので、理解することはそこまで難しくないはずです。また、事例のなかでも、一番興味深かったのはNASAの火星探索機パスファインダーの話です。目から鱗の発想で低コストで成功させたチームワークは読むだけで心がワクワクするものでした。

また、PNIルールも即実用が可能で効果の高いものだと感じました。アイデアを出す時は、P(ポジティブ)に進めていき、出し切ったあとでN(ネガティブ)に不安要素を取り除き、その上でI(インタレスティング)な姿勢でアイデアをより面白くしていく。普段から心がけていこうと思います。

最近、少し不安になることが、こんなに知識ばかりつけていては頭でっかちの人間にならないか、ということです。実際の仕事もまだまだ研修続きで実感することができていません。仕事とはもっと泥臭いものだとは頭でわかってはいても自分の体で経験してみないことにはなかなか難しいですね。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←面白い書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

恋愛も戦略脳で戦う!姉を持つオトウトがもてる理由

すまいりダイアリ – 戦略「脳」を鍛える 御立 尚資(東洋経済新報社)

FLY HIGH!:書籍紹介:戦略「脳」を鍛える

40代サラリーマンの読書日記: 戦略「脳」を鍛える

[本ナビ]投資・金融・会社経営: 御立 尚資

Notes&Books:冬休みの書評3

buzz-style: 最近読んだ本

関連記事

ミーティング・マネジメント―効果的会議の効率的実践

ミーティング・マネジメント―効果的会議の効率的実践 八幡 紕芦史 生産性出版 1998-0

記事を読む

儲かる会社のつくり方

著者: 堀江 貴文 タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 ★★★★★★☆☆☆☆

記事を読む

気づく力

気づく力 畑村 洋太郎 ほか プレジデント社 2005-08-18 売り上げランキング :

記事を読む

最小の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 泉 正人 ディスカヴァー・トゥエンティ

記事を読む

デッドライン仕事術

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95) 吉越 浩一郎 祥伝社 2007-12-15 売り

記事を読む

本気論

本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法 斎藤 正勝 かんき出版 2

記事を読む

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力 大串 亜由美 ダイヤモンド社 2007-02

記事を読む

mixiと第二世代ネット革命

mixiと第二世代ネット革命―無料モデルの新潮流 早稲田大学IT戦略研究所 根来 龍之 東

記事を読む

転職したいヤツに欲しい人材はいない

転職したいヤツに欲しい人材はいない 梅森 浩一 光文社 2005-04-22 売り上げラン

記事を読む

80対20の法則を覆す ロングテールの法則

80対20の法則を覆す ロングテールの法則 菅谷 義博 東洋経済新報社 2006-02-2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑