ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

ビジネス

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

梅田 望夫

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★★★



今日もまた新書の紹介です。個人的には、久しぶりに「新書!」と呼べる本だったので大満足です。しかし、あまりにも内容が素晴らしいので、この本を僕が紹介することによって逆に関心度を低めてしまったり、本に対する評価(先入観)を与えてしまわないか不安です。というのはあまりにも自意識過剰ですね(苦笑)それぐらい僕にとっては素晴らしい本でした。

ここで「僕にとっては」という前置詞を添えたのには理由があります。本書は、ウェブについて全く知識のない、もしくは全く関心のない人にとっては、内容を理解するのが難しいと思われる箇所や、作者の意見に首をかしげたくなるようなものなのかもしれない、と感じたからです。

[間歇日記]世界Aの始末書: 『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』
で僕の感じたことをわかりやすく簡潔な言葉で説明されていらっしゃったので、引用させていただきます。

痛快なアジテーション本。この本が理解できて面白い人はじつはこの本を読む必要がない人であり、最もこの本を読むべきである人は、たぶん書いてある文字は追えても、じつのところなんのことやらさっぱりピンと来ないにちがいないという類の本である。著者もそのことはよくわかっているのだ。

作者があとがきでも述べていますが、本書はこれからのネット社会について「オプティミズム(楽天主義)」を前提として書かれています。つまり、今のネット社会やネットサービスの拡大に異論を持つ人にとっては受け入れ難い内容も時には含まれているかもしれません。しかし、確実に言えることは、作者の素晴らしい論理力によって説得力のある文章が書かれ、作者のポジションも「オプティミズム」でありながら、できる限り中立な意見を述べようとする姿勢が本書に表れているということです。

インターネットは私たちの生活に浸透し、多くの人がいつでも使える社会となりました。特に、mixiの流行によって、若い世代でありながらパソコンとは縁のなかった人たちも次々と積極的に使用するようになってきました。インターネット黎明期の勢いはなくなり、その代わりパラダイムシフトという大きな形で、インターネット産業が変わろうとしています。

この変化については、作者の表現する「こちら側」と「あちら側」が非常にわかりやすいです。「こちら側」とはインターネットを使用している側、つまりパソコンのことを示しています。今までは、マイクロソフトを始めとして、企業で使用されるシステムなども「こちら側」だけで活用されていました。

では、「あちら側」とはどこを示しているのか。それは簡潔に説明するならインターネット上ということになります。この「あちら側」の世界はまだ認知されたばかりで、「あちら側」に着目した企業にグーグルがあります。グーグルは検索エンジンの情報の収集・整理による価値の創出というインパクトを与えるだけでなく、次々とサービスを展開し、インターネット産業を牽引していきます。

それは、アドセンスであったり、Gメールであったり、グーグルマップであったりします。何もかもがインターネット上で完結することの脅威は計り知れません。ITはゼロコストで、整理や収集も自動化され、迅速な対応を可能とします。このグーグルの脅威に対応が遅れている「こちら側」の代表格のマイクロソフトは必死に食らい付こうとしていますが、追いつくことはまだできていません。

グーグルのビジネスモデルの説明や、ロングテールや「Web2.0という理論を踏まえたアマゾンのビジネスモデルの説明は非常に勉強になります。特にロングテールは興味深い内容でした。

前述した本書を肯定するか否定するかを分ける要因で、不特定多数無限大の信頼性」を是とするか否とするか、が大きく関係してくると思います。この不特定多数無限大の考えについてはwikipediaの事例を取り上げ、わかりやすく説明されています。

感想を書き始めた時は、できるだけ詳しく内容に触れようと思いましたが、上手く説明できないため途中で方向性を変えてしまいました(汗)ウェブに関わる会社で働いている(社会人一年目)ので、この本は何度も読み直して自分の知識としてしっかり身につける必要があるな、と強く思いました。グーグルのすごさについても本書でかなり理解することができたので、買ったままの「ザ・サーチ」を読んで理解を深めようと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←面白い書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

[間歇日記]世界Aの始末書: 『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』

日進日誌:ウェブ進化論

今日のひとこと:ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

風が強い日 ~至極私的嗜好録

Sachi Kono_Private_Blog | 《books》ウェブ進化論/梅田望夫

読了 梅田望夫著「ウェブ進化論」 武士道でいこう

IT技術者向けハイパフォーマーへの道: ウェブ進化論

東京日記:ウェブ進化論

ウェブ進化論|飽きずにまいにち買い物ブログ

梅田望夫『ウェブ進化論』本当の大変化はこれから始まる

関連記事

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」 村田 裕之 ダイヤモンド社 2006-01-20

記事を読む

営業マンの交渉の極意

営業マンの交渉の極意―成功する営業マンが使っている「4つの質問」 伊東 正信 三笠書房 2

記事を読む

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと マーカス バッキンガム Mar

記事を読む

営業脳をつくる!

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング 和田 裕美 PHP研究所

記事を読む

最小の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 泉 正人 ディスカヴァー・トゥエンティ

記事を読む

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 内田 和成 東洋経済新報社 2006-03-3

記事を読む

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力 大串 亜由美 ダイヤモンド社 2007-02

記事を読む

80対20の法則を覆す ロングテールの法則

80対20の法則を覆す ロングテールの法則 菅谷 義博 東洋経済新報社 2006-02-2

記事を読む

若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 城 繁幸 光文社 2006-09-

記事を読む

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

著者: 山田 真哉 タイトル: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑