人の印象は7秒で変えられる

人の印象は7秒で変えられる


人の印象は7秒で変えられる 人の印象は7秒で変えられる

樺 旦純

青春出版社 2006-03-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★☆☆☆



新書ブームに乗っかって?今日もまた新書の紹介です。この本を手に取ったのは、今売れている「人の見た目は9割」とタイトルが似ていたからです。「人の見た目は9割」は読んでいません。その理由は、amazonでの書評があまりにも低評価だったためです。「頭がいい人、悪い人の話し方」の例があるので、世間で売れていても手を出す気がおきませんでした。しかし、この「人の印象は7秒で変えられる」を読んだので、どのように内容の良し悪しに差があるのか比較検討するために読もうと思いました。

途中までは、タイトルどおりの印象についてどのようにすれば良い印象を与えられるのかが書かれているのですが、後半ではネタ切れなのか少し論点がズレた内容になってしまっているのが残念でした。書かれている内容自体もそこまで新鮮なものではありません。

あくまで個人的意見ですが、タイトルもよくよく考えてみるとおかしい感じです。人の第一印象を決定する時間は一般的な平均として言われているのは3~5秒です。そして、その第一印象を変えるのは数秒では難しいと思います。本の内容自体も初対面での印象付けの方法ばかりが書かれているので、印象を変えるための方法論という点では欠如している感じがしました。

そもそも、人と人が接するということは仕事の上だけでなく、生まれてきた時から行っていることであり、その上、誰でもしていることです。そのため、そのノウハウというものは莫大な年月と経験量によって蓄積されていて、なかなか新しい考え方や方法を見出すことが難しいのかもしれません。

そして、もう一つ。こういった良い印象の与え方というものは、一捻り工夫を凝らしたから良くなるというものでもなく、基本をしっかりすることが一番大切なんだとも思えます。

これだけでは書評としては不十分ですので、もう少し踏み込んでいきます。まず、基本的なところとして、「声」と「見た目」について書かれています。次に豆知識として、色の持つイメージやしぐさから読み取る心理、ケースによる心理クイズでのタイプ別診断へと移り変わっていきます。

色に関しては、「色の秘密」がありますし、しぐさもコーチングや質問力のたぐいの本の方が詳しく書かれています。ケースの内容は本のタイトルにはふさわしくないのかもしれませんが、個人的には面白かったのでこの部分をもう少し掘り下げて書いてもらえると嬉しかったです。

全体的に広く浅くという印象を受けましたが、こういった知識に自信がない、もしくは忘れた時に思い出したい備忘録代わりとして手元に置いておくという使い方も良いと思いました。

自分の魅力に気がついていない人は多いものである。そんな相手の魅力を掘り起こすことができる人こそ、きっと誰よりも魅力的であろう。

本の中で特に印象深かった箇所です。自分を自分の持つものさしで測ろうとしても難しいので、他人と見比べたり、他人に評価してもらうことは大切だと思います。同時に、自分も相手を見て、相手の良いところや悪いところに気付いてあげることも、それ以上に大切なことだと思います。日頃から心がけていたい点です。

「人は見た目が9割」を読んだのちに、どちらの方が良いか(という判断は難しいですが)を自分で決めてみたいな、と思います。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←面白い書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

あーゆー歯っぴー?:人の印象は7秒で変えられる

関連記事

全米NO.1の

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術 ジョセフ・シュガーマン 金森

記事を読む

チャンス―成功者がくれた運命の鍵

チャンス―成功者がくれた運命の鍵 犬飼 ターボ 飛鳥新社 2005-07 売り上げランキン

記事を読む

夢を実現する戦略ノート

夢を実現する戦略ノート ジョン・C.マクスウェル 齋藤 孝 三笠書房 2005-08 売り

記事を読む

禁煙セラピー

禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる アレン カー Allen Carr 阪本 章子 ロン

記事を読む

スロー・イズ・ビューティフル

スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化辻 信一平凡社 2001-09売り上げランキング :

記事を読む

10年後の日本

10年後の日本 『日本の論点』編集部 文藝春秋 2005-11 売り上げランキング :

記事を読む

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと 稲盛 和夫 サンマーク出版 2004-07 売り上げランキ

記事を読む

スラムダンク勝利学

スラムダンク勝利学 辻 秀一 集英社インターナショナル 2000-10 売り上げランキング

記事を読む

ムカツクからだ

ムカツクからだ 斎藤 孝 新潮社 2004-05 売り上げランキング : 49,333 おす

記事を読む

スロー快楽主義宣言!

スロー快楽主義宣言!―愉しさ美しさ安らぎが世界を変える 辻 信一 集英社 2004-08 売

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑