原稿用紙10枚を書く力

原稿用紙10枚を書く力


原稿用紙10枚を書く力 原稿用紙10枚を書く力

斎藤 孝

大和書房 2004-09
売り上げランキング : 11,925
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★☆☆☆☆



斎藤孝さんの著書です。斎藤孝さんが好きなことは、今までの斎藤孝さんの著書の感想で書いているので省略します。なぜ、この本を今頃読んでいるのか?それは単純明快。書く力が欲しくなったからです。ブログを書き始めて、早二年。少しずつ書く力もついてきたかな、と思いながらも卒論では散々苦しみました。ブログの内容ももう少し発展させたいという欲も出てきました。ということで、この本を読んでみることにしたわけです。

書く力は書くことでしか鍛えられない

話すことと書くことは全く質が違います。その大きな違いは、書くことは形に残るということと書くことは考えることをより必要とする作業であることです。人は普段話している時に、話の流れや主語や述語といった細かいことを意識することは非常に稀です。しかし、書く時にはどうしても流れを意識しないといけない。流れを意識していないと書けないからです。また、書く量が増えれば増えるほど、流れがしっかりしていないと途中で行き詰ってしまいます。

書く力をマラソンに例えた話はとてもわかりやすかったです。つまり、原稿用紙一枚を一キロと考えた時に、トレーニングを全くしていなければ、十キロを走ることは不可能か非常に大変です。まずは一キロから徐々に距離を増やして十キロを走れる体力作りをしていく。これを書くことに当てはめて考えるわけです。いきなり十枚は無理だとしても、二枚、三枚と枚数を少しずつ増やしていくことによって自分の長所や短所も見えてきます。

書く力は構築力

たくさんの量を書こうとすれば、話の流れがしっかりしていないといけません。つまり、書く力がつくということは内容を構築する能力がついているということになります。そして、この構築する能力がつくと書き出しの言葉で迷うこともなくなります。書く内容を考える時のポイントは起承転結の「転」を考えることで、この「転」さえ決まってしまえば、書き出しも終わりも自ずとついてくるわけです。

◆書くことを意識することで読む力もつく

何かを書くことを前提にした読書は、自然と書くための素材を探すためにより意識の高い読書が可能になります。これを繰り返すことによって、今自分が求めている情報や知識を的確に抽出する力がつくだけでなく、的確な本を選び出す能力もついてきます。漫然とした意識で十冊読むよりも、知りたいポイントを明確にして二、三冊読む方が圧倒的に頭に残る情報量は変わってきます。つまり、アウトプットを意識するとインプットの質が上がるわけです。

◆書く際には立ち位置を意識する

自分が書くときにどのようなポジションに立って書くことは非常に大切です。このポジションは書いた内容を見てもらう相手を意識することも関係します。自らのポジション=立ち位置を明確にして初めて、地に足をついて文章を書くことができるようになってきます。立ち位置と関連して、書いたものは公共性を持つものであることを念頭に置いておくことが大切になります。

◆アレンジの集まりがオリジナリティ

世に出ている本や論文、批評などはほとんど誰かの言葉や作品をアレンジしたものです。このアレンジをつなぎあわせたものがその人自身のオリジナルの作品となっていきます。だから、まずはアレンジすることから始めることが大切です。

最後に本書からそのまま引用します。

作品を批評するとは、その作品とつながろうとしている読者に新たな出会いを提供することである。そこに批評を書く意味がある。

前からその意識はありましたが、この言葉を常に心に留めてこのブログを書いていこうと思います。

今回は、少し書き方を変えて書いてみました。具体的には本の内容を自分が書いているように意識して欠いてみました。「~と言っています」や「~だそうです」といった回りくどい表現がなくなり、簡潔に書くことができたように感じました。これからはこのスタイルで書いていくかもしれません。

にほんブログ村 本ブログへ
 ←ためになる書評ブログがたくさんあります

関連記事

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える 木村 元彦 集英社インターナショナル 20

記事を読む

問題な日本語

著者: 北原 保雄 タイトル: 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい? ★★★★☆☆☆

記事を読む

思いをカタチに変えよ!

思いをカタチに変えよ!―だれもが人生の主人公で生きるために 渡邉 美樹 テラウチ マサト

記事を読む

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか? ジョン・キャパス 英 磨里 フォレスト

記事を読む

禁煙セラピー

禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる アレン カー Allen Carr 阪本 章子 ロン

記事を読む

ムカツクからだ

ムカツクからだ 斎藤 孝 新潮社 2004-05 売り上げランキング : 49,333 おす

記事を読む

好きなことには集中できるのに、仕事になると集中できない人へ

好きなことには集中できるのに、仕事になると集中できない人へ 双田 譲治 あさ出版 2007

記事を読む

子どもの自信をつける言葉 トラウマになる言葉

子どもの自信をつける言葉 トラウマになる言葉―毎日の何気ないひと言が大切な理由 加藤 諦三

記事を読む

絶妙な「速読」の技術

絶妙な「速読」の技術―この本を読むだけで速読脳開発のトレーニングができる「例の方法」 佐々木

記事を読む

考具―考えるための道具、持っていますか?

考具―考えるための道具、持っていますか? 加藤 昌治 ティビーエスブリタニカ 2003-0

記事を読む

Comment

  1. 晴日 より:

    1 ■こんにちは、晴日です。
    斉藤孝さんは私も好きですが、実はまともに本を読んだ事はないのです(汗)
    この本はすごく気になりました!
    私はまだブログを始めて数ヶ月、書く力ゼロ…。
    この本を読むと「書く」為の考え方が身につきそうですね。
    http://ameblo.jp/haruka-myth/

  2. きっちん より:

    2 ■晴日さん
    書く力自身はやはり書かないとつかないですが、
    書く力をつけるきっかけ作りとしてなら
    オススメの一冊です♪
    書く力ほんとに欲しいですよね(笑)

  3. Baker より:

    3 ■はじめまして
    トラックバックありがとうございました。
    文章の書き方や本の読み方に関する本はたくさん出版されてますが、齋藤氏の本はどちらも分かりやすいですね。
    http://blog.livedoor.jp/baker0324/

  4. きっちん より:

    4 ■Bakerさん
    斎藤孝さんの書籍は引用などもしっかりされていて、
    読者にとってわかりやすい工夫がされていて好きです。

    コメントありがとうございます♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑