新宿二丁目のほがらかな人々

エッセイ

新宿二丁目のほがらかな人々


新宿二丁目のほがらかな人々 新宿二丁目のほがらかな人々

新宿二丁目のほがらかな人々

角川書店 2003-04
売り上げランキング : 54,065
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★★★


すごくインパクトのある表紙ですよね。表紙からもタイトルからもわかるように、ゲイの方が3人対談形式で様々なテーマについて話している本です。この本になぜ興味を持ったのか?それは、前に書いたことのある様々な人生を歩んでいる人について本を通して知りたいということと、この本がほぼ日刊イトイ新聞から生まれた本だったことの二点あります。ほぼ日刊イトイ新聞、いわゆる"ほぼ日"が好きなんです。といっても、毎日読む元気はないので、たまに息抜きで読む程度ですが。

さて、この本の内容ですが、最高に面白いです。そしてとても勉強になります。なんていうか、新しい価値観との出会いという大きな衝撃の連続でした。ゲイの人たちについてどれだけ自分の持っている情報が少なかったのかに気づかされました。

書かれているテーマは、大きく分けて

LOVE
MANNER
PRESENT
FASHION
LIFE

の6つです。

どの項目も非常に面白く読めます。全てを通して感じたことはゲイという立場の素晴らしさです。適切な表現が出てこなかったので、素晴らしいと書きましたが本当にそう感じました。ゲイの人たちは「おとこおんな」として男でありながら女のセンスを持っています。男の事情も女の事情も理解しているということがどれだけ意味のあることなのか、会話の端々から感じられます。

まず、いきなり衝撃を受けたのは女性に対する意見です。自分達(ゲイのみなさん)は、対象とする相手が限られている。その中で、素敵な相手を見つけるために日々自分を磨き、それを楽しんでいる。それなのに、女性の中には初めから諦めているような人がいる。女性であるというだけで、自分達にはない特権を持っているというのにもったいない、というものです。どんな女性でも自分達に比べれば、明らかに大きなマーケット(相手)がいるのにもったいないということですね。これは男性にも当てはまることだと思います。

また、この会話で出てくる3人のゲイの方の中でもジョージさんの経験や知識、センスの豊かさには尊敬すら覚えました。エレガントな旅行の仕方やパーティで気をつけるべき点、ゴージャスな生き方、素敵なプレゼントとは、といった内容全てにおいて話す内容がためになり、興味深くて引き込まれていきます。

最近読んだ本の中では、かなり多くの付箋をつけた一冊です。その付箋をつけた箇所の中からいくつか紹介します。少しでもこの本の面白さが伝われば嬉しいです。

プレゼントって、貰った人がくれた人に思いを馳せるためにあるわけじゃん?

人間は強くないよね。
うん、絶対、強くない。強くなれるのは、どっかにはけ口があるからなんだと思う。
はけ口っていうより、100の罵詈雑言があっても1の信頼があって、その1の信頼がとても大きな木だったら、僕は大丈夫って言うような、気持ちじゃない?

プラス発想の前提にあるのは、自分の中に弱い部分があるんだっていうのを冷静に見つめること。

もし会話が成立しない場所におかれたとしても、笑顔を始終忘れず、背筋をしゃんと伸ばすことです。女の人は十人以上異性が集まったところでは、背筋を伸ばすのよ。

誰にでもできるかもしれない仕事を与えられたら、そのときこそ、誰にでもできない仕事にしてやろうと思いなさい。

下手な恋愛本、ファッション本、マナーの本、旅行本、啓発書などなどを購入して読むよりも、面白さ、内容の濃さともに優れている一冊です。ぜひ、本屋さんで見かけたら手にとって読んでみてください。この感想を書く時にAmazonで調べたら、なんとパート2が発売されていました。迷うことなく即購入しました(笑)

にほんブログ村 本ブログへ
 ←ためになる書評ブログがたくさんあります

関連記事

桶川ストーカー殺人事件―遺言

桶川ストーカー殺人事件―遺言 清水 潔 新潮社 2004-05 売り上げランキング : 21

記事を読む

人生の地図

人生の地図 高橋 歩 A‐Works 2003-12 売り上げランキング : 6,285

記事を読む

探偵!ナイトスクープアホの遺伝子

探偵!ナイトスクープアホの遺伝子 松本 修 ポプラ社 2005-04 売り上げランキング :

記事を読む

59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋

59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋 アルテイシア 美術出版社 2005-06-17

記事を読む

19歳―一家四人惨殺犯の告白

19歳―一家四人惨殺犯の告白 永瀬 隼介 角川書店 2004-08 売り上げランキング :

記事を読む

好きになってはいけない国。―韓国発!日本へのまなざし

好きになってはいけない国。―韓国発!日本へのまなざし 菅野 朋子 文芸春秋 2005-03

記事を読む

泳いで帰れ

泳いで帰れ 奥田 英朗 光文社 2004-11-18 売り上げランキング : 36241

記事を読む

4569794734

孫正義を間近で見てきた人物が書く孫正義流 – 『孫正義「規格外」の仕事術』

孫正義「規格外」の仕事術―なぜソフトバンクは逆境でこそ強いのか (PHPビジネス新書 157)

記事を読む

苦渋の洗濯?!―クリーニング店社長のクレーム始末記

苦渋の洗濯?!―クリーニング店社長のクレーム始末記 鈴木 和幸 アートン 2005-08

記事を読む

落ちこぼれタケダを変える

落ちこぼれタケダを変える 武田 国男 日本経済新聞社 2005-06 売り上げランキング :

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑