リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと

ビジネス

リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと


4860630793 リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと

林田 正光

あさ出版 2004-12
売り上げランキング : 958
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★☆☆


実は、大分前に読んだ本なのですが、今頃紹介します。読み終えた時は、本当に良い本で早く紹介文を書きたかったのですが、なかなか時間を取ることができませんでした。3ヶ月以上も空いてしまったので、詳しく紹介することは出来ませんが・・・。

リッツカールトンで働いていらっしゃった方が作者です。リッツカールトンはみなさんもご存知のように、素晴らしいサービスやそのサービスの結果として出てくる多くのリッツカールトンミスティークで有名ですね。このリッツカールトンミスティークを生み出しているのは何なのか、について触れながらサービスとはどのようなものなのかについて書かれています。

リッツカールトン関連の書籍では、高野登さんが著者の「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」もありますが、書かれている内容はそこまで差異はありません。個人的にはトップの立場ではないところから書かれた林さんの書籍の方がお勧めです。

クレドと呼ばれる理念を書いたものを全従業員が持ち歩き、理念を共有しています。そして、自らの判断で動き、お客様のために、お客様が喜ばれることは何なのかを考え実行していきます。そこには、サービスに対する誇り、リッツカールトンの従業員であることの誇りがあります。ブランドの定義についてはさまざまな意見がありますが、そのひとつに「安心」を与えることというものがあります。リッツカールトンはこの安心を最高級のサービスによって提供しています。

いくつか感動的な言葉があったので紹介します。

「人の心を本当に動かすものは、心からの思いではないだろうか」

心くばりを辞書で引くと「相手の心情を十分に考慮したり、予測される事態に対し万全の対処をすること」とあります。私は、これぞまさにサービスの原点であると思います。

こちらが喜び上手になることも大切です。相手から何かしてもらった、プレゼントをしてもらったら素直に喜ぶ、感謝すべきだと思うのです。

「自分以外はすべて師なり」という言葉があります。その姿勢が大切です。

会社や組織が最も力を発揮する時とは、やはり全員が共通の理念を持ち、共通のビジョンに向かって進んでいる時であると思います。ただ、壁にかけておくための見栄えの良い理念を作って満足するのではなく、その理念をひとりひとりに浸透させる努力をすることが真に大切なことだと学びました。

にほんブログ村 本ブログへ
  ←面白い書評ブログがたくさんあります

関連記事

儲かる会社のつくり方

著者: 堀江 貴文 タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 ★★★★★★☆☆☆☆

記事を読む

御社の営業がダメな理由

御社の営業がダメな理由 藤本 篤志 新潮社 2006-05-16 売り上げランキング :

記事を読む

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力 大串 亜由美 ダイヤモンド社 2007-02

記事を読む

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング 本田 直之 東洋経済新報社 2006-12-01 売り上げランキ

記事を読む

80対20の法則を覆す ロングテールの法則

80対20の法則を覆す ロングテールの法則 菅谷 義博 東洋経済新報社 2006-02-2

記事を読む

「素頭」で1億円稼ぐ仕事塾

「素頭」で1億円稼ぐ仕事塾―スーパーコンサルタントが明かす小山 政彦ビジネス社 2004-11売り上

記事を読む

意思決定しないことは他人に人生を委ねること – 『意思決定力』

意思決定力ダイヤモンド社 2009-10-17売り上げランキング : 207おすすめ平均 Ama

記事を読む

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~ 箱田 忠昭

記事を読む

インベストメント ハードラー

インベストメント ハードラー 為末 大 講談社 2006-07-26 売り上げランキング

記事を読む

上場させる「組織と人材」

上場させる「組織と人材」 和納 勉 ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2005-04-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑