59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋

エッセイ

59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋


4568221226 59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋

アルテイシア

美術出版社 2005-06-17
売り上げランキング : 2,052
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★★★


ずーっと更新していなくて本当にすいません・・・。もし、更新を楽しみにしている方がいれば、の話ですが。やっと生活のリズムを取り戻しつつあります。毎日更新を目指して頑張ります(>_<)再開、第1弾は本日ツタヤでジャケ買いをしたこの本です。

◆「電車男」なんて比じゃない!!◆

電車男
」が面白くないと言っているわけではありません。そして、「電車男
」と比較するのもどうかなーと思いつつもこんな小見出しを付けてしまいました。内容は似て非なる物だというのが僕の読後の感想です。

それにしても本当に面白い!!バイト帰りに購入して、夜11時から読み始めたのですが、2時半までぶっ通しで読み終えてしまいました。

この本は今、流行のインターネット発の書籍です。少し違いがあるとすれば、掲示板やブログではなくmixi
というソーシャルネットワークサービス(SNS)内の日記から出されたということでしょうか。

僕自身、mixi
には登録しているのですが、あまり利用していません。そのため、日々急増するmixiユーザー数を見ては、「どこにそこまでの魅力があるのか?」と疑問を持っていました。しかし、この本を読んでもっと積極的に利用してみようかな、なんて思っちゃいました。

ストーリーは、少しブームが去った感がありますが、「負け犬
」の雰囲気たっぷりなキャリア女性・アルテイシアが、ガンダム・昆虫・UMA・格闘技etc。。。のオタクであるモテない男性・59番に告白され、付き合う&その後といった感じです。すいません、文章力ないためにわかりにくいかもしれません。

純粋でひたむきでストレートに自分の思いをぶつける59番に自分にはない魅力を見つけるとともに、数多くの共感できる部分がありました。たとえば、高校時代に異性を意識して浮かれている友人を見ながら、「あいつらと一緒になんかなるものか」と思う一方で、焦りも少なからず感じる自分、といった具合に。

アルテイシアの日記ということで、アルテイシアの視点から書かれています。とても文章が上手で、何度も声を出して笑わされました。だからといって、面白おかしく書かれた薄っぺらい内容ではなく、アルテイシアのトラウマや葛藤、59番の想いなど様々なところで考えさせられたり、共感できたりしました。

二人の息の合ったやり取りが本当に自然で、素の自分を出せている様子に心温かくなりました。恋愛ってこういうもんだよね、って価値観をごちゃごちゃーっと崩されたり、築き直してくれたりした1冊でした。

◆引用&コメント◆

よーく見てると、キャリアとオタクはどこか似ている。
不器用で、周りから何と言われようと自分の道を曲げられない。

キャリア女性を地でいくアルテイシアだから、こう思えた・気付けたのだろうなぁって考えました。オタクの方からキャリアとの共通点を見つけ出そうとすることはなさそうですしね。僕はキャリアでもオタクでもありませんが、なんだか妙に納得してしまいました。オタクの人って本当にすごいと僕は思っています。ジャンルは何であれ、1つの物事に熱意と集中力を注ぎ込めるってとてもステキなことだと思います。もしキャリアとオタクの違いがあるとすれば、「曲げられない」のはキャリアで「曲げる気がない」のがオタクなのかなぁ、なんて適当な推測をしてみました。

「趣味だろうが仕事だろうが関係なく、好きな人にやりたいことがあったら、サポートできることは全部してあげたいし、困ったり辛い時には、全力でかばって守ってあげたい。俺に出来るのはそれだけだし」

59番のセリフですが、あまりのかっこよさにハッとさせられ反省しました。多分、このセリフをかっこいいなんて思う僕は59番の考え方からすると「おかしい!」ということになりそうです。究極の愛を感じるセリフでした。

日常こそが、人生なんだ

「眉間からイナズマ(本書参照w)」が出る感じでした。まさにその通りでございます。人は(僕は)弱くて自分に甘いから、ついつい非日常に救いを求めてしまいます。家訓として、毎朝この言葉を口に出していこうと思います。

読み終えてすぐに感想を書いたにも関わらず、このデキの悪さ・・・。継続って本当に大切ですね。もっともっと自分の感じたこと、伝えたいことを上手く伝えられるようになるためにも、日々更新を決意しました。

にほんブログ村 本ブログへ
 ←ためになる書評ブログがたくさんあります



◆トラックバックさせていただいたブログ◆

with somebody.. | 「59番目のプロポーズ」アルテイシア

いがちょの雑談: 書評

プリンに抹茶と生クリーム: かなり抽象的な感想

関連記事

人生の地図

人生の地図 高橋 歩 A‐Works 2003-12 売り上げランキング : 6,285

記事を読む

ナースな言葉

ナースな言葉 宮子 あずさ 集英社 2005-10-20 売り上げランキング : 4870

記事を読む

ホストの世界 -真夜中への招待状-

ホストの世界 -真夜中への招待状- 沢村 拓也 河出書房新社 2001-09-11 売り上

記事を読む

ロングドリーム

ロングドリーム 如月 舞 経済界 2005-08 売り上げランキング : 42,890 お

記事を読む

地球(ガイア)をつつむ風のように

地球(ガイア)をつつむ風のように 龍村 仁 サンマーク出版 2001-08 売り上げランキ

記事を読む

4569794734

孫正義を間近で見てきた人物が書く孫正義流 – 『孫正義「規格外」の仕事術』

孫正義「規格外」の仕事術―なぜソフトバンクは逆境でこそ強いのか (PHPビジネス新書 157)

記事を読む

ヘンな本あります

ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2 北尾 トロ 風塵社 2003-05

記事を読む

好きになってはいけない国。―韓国発!日本へのまなざし

好きになってはいけない国。―韓国発!日本へのまなざし 菅野 朋子 文芸春秋 2005-03

記事を読む

イージー・ゴーイング

イージー・ゴーイング―頑張りたくないあなたへ山川 健一アメーバ・ブックス 2004-10-30売り上

記事を読む

苦渋の洗濯?!―クリーニング店社長のクレーム始末記

苦渋の洗濯?!―クリーニング店社長のクレーム始末記 鈴木 和幸 アートン 2005-08

記事を読む

Comment

  1. いがちょ より:

    1 ■TBありがとうございます
    えー、いがちょの書評は、こちらの作者様の書評とは違ってはおりますが、mixiとしてではなく書籍としてみた場合、電車男よりよみがいがあることは間違いありません。
    いがちょもいろんなイミで考えさせられました。まだお読みになってない方はぜひどうぞ。

  2. 変人です(^^) より:

    2 ■TBありがとうございます
    自分の頭で考えて、感じることを文章に出来たら好いなぁ~と思います。
    ・・・と、書いておきながら、自分はちっとも守ってないなぁ~。(^^)
    http://henzin555

  3. gutts-gaku より:

    3 ■TBありがとうございます
    59番の人の価値観をガラガラと崩す発言(アルテイシアさんの日記について全面的に受け入れる発言)が個人的にとても好きな部分です。
    そんな風に考えてくれる人ってなかなかいないですよね。
    http://ameblo.jp/gutts-gaku/

  4. gokushitekioboegaki より:

    4 ■貴ブログ拝見いたしました。
    詳細な書評とても参考になりました。今後とも覗かせていただきます。
    mixiの件、是非とも紹介お願いいたしますm(__)m。
    http://ameblo.jp/gokushitekioboegaki/

  5. 春野 より:

    5 ■え!?
    ミクシィから本が出ているなんて初耳だ!
    と、ミクシィ歴半年なのに・・・
    遅れてますね。
    早速本屋さんをチェックしてきます。
    http://ameblo.jp/mektoub/

  6. モグ より:

    6 ■ひっさしぶりー!!
    びっくり!
    私は一昨日mixiの存在を知って登録したとこだったのだ!!
    やっぱネットの力ってすごいね!!
    そして59番さん、あんたはスゴイ!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑