探偵!ナイトスクープアホの遺伝子

エッセイ

探偵!ナイトスクープアホの遺伝子


4591085511 探偵!ナイトスクープアホの遺伝子

松本 修

ポプラ社 2005-04
売り上げランキング : 6,951
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★★★★★☆


購入したのは1ヶ月ほど前です。本屋でこのジャケットに一目惚れしちゃいました。この番組の熱心な視聴者というわけではないのですが、タイトルの中に「アホ」が入っていることにもグッと引き付けられました。

◆内容◆

関西を代表する超人気長寿番組の「探偵!ナイトスクープ」の生みの親である松本修さんが書いた本です。この番組が誕生する時の松本さんの現状から現在に至るまで時系列に沿ってとても丁寧に書かれています。関西弁が多用されているので、関西弁に慣れていない人は少し読みにくいかもしれませんが、大阪らしさがいい感じで伝わってくると思います。

帯には「爆笑と感動の一冊」とコメントされていたのですが、中身は笑いを取ろうとするものではなく、ある意味では淡々と事実や、それぞれ製作に携わってきたディレクターのコメント、松本さんの感想が書き綴られています。

この本の中で一貫して伝わってくるのは松本修という1プロデューサーのこの番組に対する愛情、熱意の強さです。プロとはこういうことなのか!と唸らせられる仕事ぶりです。そして、そのプロ意識はディレクターに対しても徹底して求めていきます。時には「カス!」と罵っておきながらも、いい作品が出来ると180度変わって「天才!スピルバーグ!」とべた褒めします。この何とも言えない「あたたかさ」が松本さんの魅力なんだと思います。

どんなに激しく争い合うことがあっても、その結果が崩れ去ることがなかったのは、誰しもの心の奥底に、今までにない面白い番組を作ってみせようという、燃えるような情熱があったからであろう。

この本を読むまでは番組制作のことを全く知らず、裏で多くの人が汗水たらして必死になって仕事をしていることなんて想像することもできていませんでした。探偵!ナイトスクープの1つ1つのビデオも探偵となっているタレントの人が苦労して作り上げているんだと思っていただけに、この事実を知ったときはとても恥ずかしかったです。

1作品あたり約10分というとても短い時間の中に、多くの感動や笑いの要素が詰め込まれています。そして、その1つ1つの作品のシナリオを作り上げているのはディレクターです。初めから天才的な映像を製作するディレクターもいれば、鍛え上げられて殻を破り大きく成長するディレクターもいます。「笑い」を追及し、芸術的に作品として仕上げる。そして、常に慢心することなくよりよい作品を作ることに貪欲に取り組んでいく。

「ナイトスクープ」の財産は何かというと、依頼者と気持ちの部分で、高いレベルでの信頼関係があることです。

探偵!ナイトスクープの本当に素晴らしい点は、視聴者・依頼者に対して愛情を持って接しているところにあります。一般人である依頼者を笑いものにしようとするのではなく、その魅力を120%引き出して笑いに昇華していく。その二人三脚な番組づくりが、今でも多くの人に愛される人気番組の秘訣であると思います。

◆引用&コメント◆

「1人のディレクターでも、『面白い』と思ったことはやりましょう!」
初めに「面白い!」と思った根っこは、とても大事なんですね。

ナイトスクープの原点はこの考え方にあるそうです。一人一人のアンテナに引っかかったものを頭ごなしに否定するのではなく、まではやってみることが大切であるということで、いろいろなチャレンジをした結果「コメントフォロー・スーパー」や視聴者巻き込み型番組が形成されていったのです。第6感とも言えるこの「面白い」に対するアンテナを信じることって普段の生活でもとても大切なことだと思います。

カシコは、笑わすときに悪意を持ちますけど、アホは良心的なんですわ。
カシコぶるのは簡単やけど、アホぶるのって、難しいじゃないですか。

反感を買ってしまうかもしれませんが、ゼミの先生は関西と関東の違いを「カシコアホ」と「アホカシコ」で説明してくれました。記憶が曖昧でどちらがどっちを指すのか忘れてしまいましたが、関東の人たちはカシコぶるアホが多く、関西はアホなことをするカシコが多いと言っていました。関西人だからかもしれませんが、僕もおおむね賛成です。ただ、僕は関西人のくせいにアホになりきれないんです。本当にカシコぶることの方が簡単で、常にアホになりたいなって思います。東京のバラエティがあんまり好きになれない理由も、悪意を持って笑いを取ろうとしているように受け取れるせいかもしれません。といいつつ、僕はアホになりきれないからこっちの笑いの方をよくしてしまいます。

この本を読んで今まで好きでも嫌いでもなかった探偵!ナイトスクープの大ファンになってしまいました。そして、松本さんの生き様に強い憧れを持ちました。だってカッコ良すぎです。本の中でDVDの発売があるということでしたので、絶対に買おうと思いますヾ(〃^∇^)ノ

[本・読書ランキング]
←よろしければクリックお願いします♪

関連記事

落ちこぼれタケダを変える

落ちこぼれタケダを変える 武田 国男 日本経済新聞社 2005-06 売り上げランキング :

記事を読む

イージー・ゴーイング

イージー・ゴーイング―頑張りたくないあなたへ山川 健一アメーバ・ブックス 2004-10-30売り上

記事を読む

精神科ER緊急救命室

精神科ER緊急救命室 備瀬 哲弘 マキノ出版 2005-08-22 売り上げランキング :

記事を読む

59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋

59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋 アルテイシア 美術出版社 2005-06-17

記事を読む

今日から目覚める文章術

今日から目覚める文章術 高橋 三千綱 ロングセラーズ 2005-10 売り上げランキング

記事を読む

新宿二丁目のほがらかな人々

新宿二丁目のほがらかな人々 新宿二丁目のほがらかな人々 角川書店 2003-04 売り上げ

記事を読む

あなた、今、幸せ?

あなた、今、幸せ? 槇村 さとる キム・ミョンガン 集英社 2005-06-17 売り上げ

記事を読む

ホストの世界 -真夜中への招待状-

ホストの世界 -真夜中への招待状- 沢村 拓也 河出書房新社 2001-09-11 売り上

記事を読む

イルカみたいに生きてみよう

イルカみたいに生きてみよう 小原田 泰久 大和書房 1997-04 売り上げランキング :

記事を読む

しごとっち―バンダイ的スター誕生!

しごとっち―バンダイ的スター誕生! 自分ブランド製作委員会 松永 真理 幻冬舎メディアコン

記事を読む

Comment

  1. タク より:

    1 ■コメントありがとうございます。
    DVD楽しみですね。
    個人的には「爆発卵」や「ドブ貝」等の一昔前のネタが入ってるとうれしいです。
    http://tk0301.seesaa.net/

  2. bonyparts より:

    2 ■アホカシコになりたい
    アホカシコとは良いですね。頭の良い人がアホなことをすると、物凄くカッコイイですもんね。僕もそんな人を見ると尊敬してしまいます。アホアホの僕もそんな頭になりたいものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
できていない自分の発見が成長のきっかけ

仮面ライダーのスタンプラリーが期間内にコンプリートできるかが最近の悩み

no image
劣等感、コンプレックスを持つ経験の強み

今日は月末会でした。本当はできる限り誘いに応えたいので、オール覚悟と言

no image
ツッコミ人材の重要性

今日はいろいろと勉強させていただくという目的で、他社の方と飲みに行きま

no image
一緒に働きたい人を具体化することの重要性

今日は少し内輪向けですが、社会人になる前からあまり変わっていない一緒に

no image
出会いとその後の関係について

気付けば起業してから約4年が経ち、会社勤めだったころの習慣やストレスを

→もっと見る

PAGE TOP ↑